貯める&備える
2019/08/14

年金未納を続けた人の悲惨な末路 当てはまる人は要注意

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
年金は、国民の生活を支える大切なものです。滞納者が増えてしまうと、高齢者の生活が立ち行かなくなってしまうため、国や自治体も未納者に対しては厳しい対応を取っています。では、実際に年金未納を続けているとどのようなことが起こるのでしょうか。具体的に確認してみましょう。

払っていない人、実はこんなに!? 年金未納率と年齢層

厚生労働省の発表によると年金の納付率は年々上昇しています。これは単純に年々督促が厳しくなっていると考えると自然でしょう。納付率は上昇しているといっても、2017年の納付率は66.3%であり、33.7%が未納です。また、同年の世代別の納付率を見ると55~59歳の世代は76.28%が年金を納付しているのに対し、25~29歳の世代は54.87%しか年金を納付していません。

若い世代は、年金に対しての実感が湧きにくいうえ、年々受給額が引き下げられている現状では納付したい気持ちが薄れてしまう面があることは否めないでしょう。

詳細はこちら。
1 2
Page 1 of 2
PREV 多くの富裕層が実践している「良い借金」で購入しているものは?
NEXT 確定申告が必要な公的年金受給者とは?

続きを読む

Feature