貯める&備える
2019/08/02

知らないと損する、定年退職後のお金や保険のこと

雇用保険から給付金を受け取って「語学の勉強」ができる?

雇用保険には、いろいろな制度があります。
この際、積極的に試してみるのも良いかもしれません。

再就職のために資格をとりたい人は「教育訓練給付金」があります。資格をとって新しいことにチャレンジするのもいいですね。

給付金の対象になる講座は、厚生労働省の指定を受けている学校である必要があります。かなり多くあり、語学学校、訪問介護士、簿記検定など多岐にわたります。興味のある人は、ぜひ調べてみてください。

雇用保険を延長する方法もある

会社を辞めたあと、可能な限り長く失業保険をもらう方法はないでしょうか?

実はそういう制度があります。
都道府県で実施している「公共職業訓練」がそうです。この職業訓練校に通っている間は、失業給付が延長されます。ということは、失業保険の切れる直前に入校することができれば一番お得ということになります。

入校時期は決まっていますので、事前に調べておく必要があります。受講料は無料ですが、教科書代などは負担しなければなりません。

退職後の様々な制度を活用して、新たな人生を有意義なものにしたいですね。

文・長尾 義弘(NEO企画代表、ファイナンシャル・プランナー、AFP)/ZUU online

【こちらの記事もおすすめ】
豊かな老後のためにすべき3つのこと
アラフォー女性のための幸せ貯金計画
お金が貯まる5つのコツ
貯まらない女子「3つの言い訳」対処法
「お金がない時」5つのNG行動
1 2
Page 2 of 2
PREV 一人暮らし女子ができる簡単節約術5選!手軽に節約して貯金美人に
NEXT 独身だから活用したい。老後に備えたマンション経営

続きを読む






Feature