貯める&備える
2019/04/11

アラフォーで貯金毎月10万円は少ないの?大切なのは金額より貯蓄率

アラフォーの貯金のポイント

月々の貯金額は収入の変化で見直そう

40代になると、責任のある仕事を任されることも増え、それに伴って収入も変化します。30代の時に給料の手取りの20%の貯金額が、40代でも手取りの20%であるとは限りません。収入が増えたら月々の貯金額も増やしていきましょう。

目標を持って貯金をすることで対策が取れる

40歳を超えるとそろそろ老後のことも考えたいところ。月々の貯金額だけではなく、具体的な金額の目標も持ちましょう。

60歳までに◯◯万円貯める!と決めることができればいいですが、それが難しい人は、「40代で年収の3倍のお金を貯める」ことを目安にしてみてください。

もしかすると月々の貯金額では達成が難しいかもしれませんが、具体的に金額が決まると、ボーナスからの貯金額をもう少し増やしたり、投資で年間3%のリターンを目指してみたり、と目標に向かって対策を取ることができます。

自分のライフスタイルに応じてベストを尽くそう

まわりの人がいくら貯金しているかは気になりますが、人と比べて焦っても仕方ありませんし、人より貯金できているからといって安心できるものでもありません。ただし、まわりと比べなくていいということは、自分は自分だから貯金をしなくてもいいということでもありません。自分のライフスタイルに応じ、将来の不安をなくすためにベストを尽くすことが大切です。

文・松岡紀史(ライツワードFP事務所代表・ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
老後が不安なアラフォー女性のための、幸せ貯金計画
独身女性が安心できる貯金額はいくら?
500円玉貯金を続ける3つのコツ
アラフォー独身女性「老後のお金」3つのポイント
貯金できない人が入れるべき貯金アプリ
1 2
Page 2 of 2
PREV お金の不安から解放される3つの方法
NEXT 会社から給与明細がもらえない時、どうしたらいい?行政書士が解説

続きを読む

Feature