貯める&備える
2019/04/11

会社から給与明細がもらえない時、どうしたらいい?行政書士が解説

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
給与明細を従業員に渡さない会社が、稀にではありますが存在します。自分の給料がきちんと支払われているかを知りたい人にとっては、給与明細を見て詳細を確認するのは重要なこと。もし、給与明細の交付を会社が拒否している場合、どのような対処法があるのでしょうか。詳しくご説明します。

給与明細には何が書かれているか

(写真=PIXTA)

就職後に初任給をもらった際、多くの人が給料の金額と支給額(手取り額)とのギャップに驚くことでしょう。学生時代にアルバイトした人の多くは、給与の金額がそのまま自分の銀行口座に振り込まれていたはずです。しかし社会人になると、給与から社会保険料などがあらかじめ天引きされるようになります。

給与明細には、あらかじめ天引きされた項目や金額が記載されています。具体的には、健康保険、厚生年金保険、雇用保険などが該当します。

実は、会社と従業員の関係や労働者の権利を規定した「労働基準法」には、給与明細にどのような項目・金額を記載しなければならないかについて書かれていません。

しかし、所得税法は給与明細の交付を義務付けています。また厚生年金保険料や健康保険料、雇用保険料についても、厚生年金保険法などそれぞれの法律により、事業主が保険料の控除を行った際は、必ず被保険者に通知をしなければならないと定められています。
PREV お金の不安から解放される3つの方法
NEXT アラフォーで貯金毎月10万円は少ないの?大切なのは金額より貯蓄率

続きを読む






Feature