貯める&備える
2019/03/24

住宅ローン、気にするべきはマイナス金利より◯◯

(写真=Thinkstock/Getty Images)
(写真=Thinkstock/Getty Images)
最近やたらマイナス金利で住宅ローンがお得という事を耳にすることが多いが、マイナス金利の事や住宅ローンの事が良くわからないという人も多いだろう。そこでマイナス金利と住宅ローンについて考えてみよう。

マイナス金利って?

2016年1月29日、日銀が日本初めてマイナス金利政策の導入を発表した。日銀が金融機関から預かっている当座預金の一部の金利をマイナスに引き下げる政策だ。

そこで日銀は当座預金で預かっている一部の金利を2月16日から−0.1%に引き下げたのだ。それに伴い各銀行は預貯金の金利を引き下げ、保険会社は貯蓄性の高い一時払い終身の一部等を売り止めにし始めた。国内の資産運用会社の多くがMMFの運用も難しくなり顧客に資金を返還する繰り上げ召還を決めた。そして長期金利の代表である国債も初のマイナス金利に転じたのだ。

手堅い金融商品が厳しい状況にあり、お金を手堅く増やす方法が減少してしまったことになる。

一方で、住宅ローンの金利も下がっているので、持家購入を考えている人にとっては住宅ローンが高金利時に借り入れた人より有利である。すでに住宅ローンを組んでいる人は借り換えをした場合、予定していた借金の返済の総額が減るかもしれないのだ。

借金を減らすのも家計のキャッシュフローの改善につながるのは確かだが、マイナス金利で住宅ローンがお得と安易に考えるのは危険だ。そこでいくつかの注意点を考えてみたい。

金利より重要なのは「頭金」

金利が低い今がチャンスと思って、充分な頭金がないまま住宅ローンを組むのは安易すぎである。例えば、5年後に頭金500万円を準備して家を建てようとしていた30歳の人が今なら金利が安いからということで頭金なしで家を建てることにしたとしよう。

物件は2500万円で月々7万円前後の返済が可能だとする。頭金のない今は2500万円全額ローンになる。金利が1.1%の全期間固定金利を組んだとすると月々の支払いが71742円で35年の返済になる。完済時65歳で利息支払いは総額で513万1649円だ。

今度は、5年後に同じく2500万円の物件を頭金500万円で2000万円のローンを組んだとしよう。金利は1.5%の全期間固定金利だとすると月々の支払いが月々70910円で29年の返済になる。完済時64歳で利息支払いは総額で467万6484円になるのだ。

金利が低い今を逃して金利が多少上昇したとしても、頭金をしっかり準備した方が結果的に月々の支払額も支払年数も支払利息もお得なのだ。つまり金利より返済年数の方が利息に大きく影響してくるのだ。
1 2
Page 1 of 2
PREV 個人型確定拠出年金で定期預金を選ぶメリットは?銀行の定期預金との違い
NEXT 家計調査「平均貯蓄額」ってそんなに多いの!?年代別の貯蓄額はいくら?

続きを読む

Feature