貯める&備える
2019/03/20

理想の貯蓄率ってどのくらい?独身の平均貯蓄率は?

アラフォーおひとりさまが老後までに必要な金額は?

次に、老後までに貯めておきたい理想の貯蓄額を考えてみます。安心できる金額を貯めたいのであれば、ゆとりある老後生活をイメージしておくと良いでしょう。65歳から1ヵ月あたりの支出を15万5,000円とし、ゆとりある生活費分として6万円が必要とすると、持ち家単身世帯の老後生活費は月21万5,000円です。

女性の正規職員の平均年収は377万円で、その平均年収で計算するともらえる年金額はひと月14万円になり、ゆとりのある生活をしようと思うと、毎月7万5,000円の赤字が出ます。平成29年簡易生命表(厚生労働省)によると、女性の平均寿命は87.26 年なので、寿命を90歳とすると赤字の総額は約2,250万円。

はたして現役のうちにこれだけの貯蓄は可能なのでしょうか。年収や働くスタイル、年金の受け取り方などによって準備すべき老後の資金は異なりますので、会社員の場合とフリーランスの場合の2パターンでシミュレーションをしてみました。

詳細はこちら。
手取りの2割が貯金の目安!アラフォーおひとりさまが老後までに必要な金額は?(2018/12/29公開)

貯蓄を始めるならお早めに

ゆとりのある老後生活をおくるためには、ゆとりのある資金が欠かせません。老後のための貯蓄は、スタートが遅くなればなるほど毎月の貯蓄率は上がってしまいます。なるべく早めの準備を心がけ、無理のない金額でコツコツ貯めることが成功の秘訣といえそうです。

文・fuelle編集部

【こちらの記事もおすすめ】
豊かな老後のためにすべき3つのこと
アラフォー女性のための幸せ貯金計画
お金が貯まる5つのコツ
貯まらない女子「3つの言い訳」対処法
「お金がない時」5つのNG行動
 
1 2
Page 2 of 2
PREV 家計調査「平均貯蓄額」ってそんなに多いの!?年代別の貯蓄額はいくら?
NEXT 老後に必要な資金はいくら?破産しないために今から準備しよう

続きを読む

Feature