貯める&備える
2019/03/11

実は節約のつもりが損しているかもしれない行動3選

(写真=Farknot Architect/Shutterstock.com)
(写真=Farknot Architect/Shutterstock.com)
節約の方法はさまざまなものがありますが、よく知られている節約法の中にも実はお得とは言い切れないものが潜んでいます。あなたがよかれと思って行っている節約法が逆の結果を招いている可能性もあるかもしれません。そんな残念な結果とならないよう、見落としがちな3つの落とし穴をご紹介します。

光熱費はクレカ払いが必ずしもいいとは限らない

光熱費はクレジット払いにしてポイントを貯めている人も多いでしょう。しかし、電力会社の中には、口座振替をすると1ヵ月分の支払いから50円ほどの割引を実施しているところがあるのをご存知でしょうか。

5,000円の電気代をポイント還元率0.5%でクレカ払いすると25円のポイントが付与されますが、この場合は口座振替の方がお得となります。

シャンプーや洗剤は詰め替えがお得とは言い切れない

一般的には、シャンプーや洗剤は詰め替え用の方がお値段もお得になるうえ、環境にもいいと考えられています。しかし、詰め替え用に入っている容量は実は通常商品より1~1.5割ほど少ないことも多いのです。そのため、1グラムあたりの金額を計算してみると、詰め替え用の方が割高だったという場合もあり得ます。詰め替え用が必ずしもお得とは言い切れないケースがあることを理解しておきましょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV もし年収500万円以下の男性と結婚したら…お金に困らない4つの方法
NEXT お金を貯めるのに「たまの無駄遣い」が必要な3つの理由

続きを読む