貯める&備える
2018/12/19

貯金専用口座はここがおすすめ!専門家が選び方から解説します

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
年末のボーナスを手にして「預け先をどうしよう」とお考えではありませんか。また、ボーナスなどの臨時収入だけでなく、日々の生活の中で貯めたお金の「お得な預け先」を検討されている方に向けてファイナンシャル・プランナーの著者が、おすすめしたい貯蓄用口座をご紹介します。

貯金をがんばるなら生活口座と専用口座に分ける

(写真=PIXTA)

貯金をがんばるなら、毎月の給与を「生活用口座」と「貯金専用口座」に分けて管理しましょう。

給与が振り込まれる生活口座から、家賃や光熱費などの引き落としをして「残ったものが貯金」として考える人もいますが、この方法は便利なようで、2つのデメリットがあります。

一つ目は、お金が貯まりにくいこと。引き出しやすいので、ついつい使ってしまい、貯金のモチベーションが下がってしまうのです。二つ目は、金利が低い口座にお金を眠らせてしまっていること。これはとても「もったいない」です。せっかく貯金をするなら、少しでも金利の高い場所でお金に働いてもらった方がいいでしょう。

貯金専用口座を作るなら知っておきたい選び方

(写真=PIXTA)

そこで、貯金専用口座の出番です。貯金用口座を作るなら、注目すべきは「金利」と「利便性」。この2つのポイントを押さえて口座選びをしていきましょう。

預金口座には、大きく分けて「普通預金口座」と「定期預金口座」があります。普通預金の金利は0.001%、定期預金の金利は0.01~0.02%程度です。夏や冬のボーナス時期には、預入金利が高くなることが多く、窓口のある銀行と比べて、ネット銀行の方が金利が高くなっていることもあります。預けるなら、少しでも金利の高い時期や銀行を選びたいですね。
PREV いざという時のトラブル回避。自分が加入している保険はここをチェック
NEXT 節約はつらくない!我慢しなくてもできる毎日の節約術3選

続きを読む






Feature