貯める&備える
2018/10/31

すぐに取り組める!家計の節約術8選

(写真=Creativa Images/Shutterstock.com)
(写真=Creativa Images/Shutterstock.com)
「消費税も上がるし、節約始めなきゃ!」と家計の節約に取り組み始める人は多くいます。しかし、中には「節約といっても、どこから手をつけたらいいのかよくわからない」「節約しているけど、なかなかお金が貯まらない」という悩みを抱えている人もいることでしょう。

2018年も残すところ、あと2ヵ月ほどです。すぐに取り組める、家計の節約術を紹介します。

節約のための第一歩。家計簿をつける

お金が貯まらないのは、いくら収入があって、いくら使っているか把握できていないからです。家計簿をつけて、使ったお金の内容を振り返る時間を持つことで、節約の意識が継続できるだけでなく、改善点を見つけることができます。

家計簿と聞くと、面倒でなかなか続かないというイメージがありますが、レシートを撮影して記録する家計簿アプリなどもあります。なるべく時間がかからない方法で、取り組んでみましょう。

通信費を節約する

(写真=polkadot_photo/Shutterstock.com)

スマートフォンの料金は、1. 通話料金、2. データ通信料、3. オプション料金、4. 端末代金で成り立っています。請求書を見て、契約の内容が今の自分の生活に合っているかを確認してください。

通信費の節約のためには、端末の購入時に加入した月額サービスの解約や、料金の安いプランへの変更を検討しましょう。Wi-Fiを使ってインターネットにつなぐと、データ量を気にせず楽しむことができます。

もっとスマホ代を節約したい場合は、格安SIMがおすすめです。自分の使うデータ量に合わせて選ぶことで、大きくスマホ代を節約することができます。ただし、キャリアから乗り換えると、今まで貯めたポイントが失効する場合がありますので、前もって使い切っておくと良いでしょう。

インターネット回線の切り替えでは、事業者によっては、光回線に変更するとキャッシュバック・解約違約金相当額の割引・工事費用の割引などもあります。こういったキャンペーンを利用することで、初期費用は低く抑えて、月額料金を安くすることもできますね。

クレジットカードを見直す

クレジットカードを使うときに考えたいのが、ポイント(マイル)還元率です。一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%ほどですが、中には1%を超えるカードもあります。

複数カードを持っている場合は、還元率のよいカードをメインに使うとよいでしょう。電気・ガス・水道代など、口座引き落とししている料金をクレジットカード払いに変更すると、毎月ポイントやマイルが効率よく貯まります。

切り替えを検討している人はもちろん、そうではない人も、自分のライフスタイルに合っているか、年会費は有料か無料かなど、チェックして見直してみましょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV 家計簿で節約するには分析、振り返りがポイント!「貯まる家計簿」のつけ方とは
NEXT 年収350万円で年金の元が取れるのは何歳?どのくらい長生きしたらいい?

続きを読む