貯める&備える
2018/09/08

あなたの銀行、大丈夫?日本の銀行の信用格付けランキングをつくってみた

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
近年、銀行の人員削減や経営統合などのニュースがいくつか報道されています。もしかして、銀行の経営は厳しく、預金の安心度は低くなっているのでしょうか?それを測るものさしのひとつに「信用格付け」があります。あなたのメインバンクはどうでしょうか。

格付けとは?何のためにある?

格付けとは、簡単にいうと、銀行が預金で預かったお金を返す能力の高さを評価するものです。この銀行にお金を預けて安全か、判断材料のひとつになります。

格付けは「格付け会社」が行っており、銀行が依頼して評価してもらっています。格付け会社には、ムーディーズ、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)などがあります。

格付けの順位は会社によって異なります。例えば、大手格付け会社のS&Pの場合は、段階的にAAA(トリプルエー)からDまであり、AAAが最も高い評価で「金融債務を履行する債務者の能力は極めて高い」、次のAA(ダブルエー)が「金融債務を履行する債務者の能力は非常に高く、最上位の格付け(「AAA」)との差は小さい」などと定義されています。

また、格付けにはプラス記号やマイナス記号が付されることがあり、それぞれ、各格付けの中での相対的な強さを表します。

現状は、日本の主な銀行に「危ない銀行」はない

ここまで読んで、自分がお金を預けている銀行の格付けがどうなっているのか気になっていると思います。格付けは、格付け会社や、格付けされている金融機関のホームページで確認することができます。主な銀行の格付けを見てみましょう。

▽銀行名/S&P(長期)/ムーディーズ(長期)/JCR(長期)/R&I/フィッチ
みずほ銀行(2018年1月31日現在)/A/A1/AA/AA-/A-
三菱UFJ銀行(2017年11月29日現在)/A/A1/AA/AA-/A
三井住友銀行(2018年7月3日現在)/A/A1/AA/AA-/A
りそな銀行/A/A2/A+/A+//
ゆうちょ銀行(2016年5月13日現在)/A+/A1///
ジャパンネット銀行///(JCR)A+//
セブン銀行(2018年3月31日現在)/A+///(R&I)AA/
ソニー銀行(2008年10月14日現在)/A-//(JCR)AA-//
楽天銀行(2016年9月16日現在)///(JCR)A//
住信SBIネット銀行///(JCR)A//
じぶん銀行/----////
イオン銀行/BBB+///A-/

やはりメガバンクやゆうちょ銀行は高い格付けを取得しています。
1 2
Page 1 of 2
PREV ユニークな保障が話題!便利すぎるミニ保険10個をシーン別で紹介!
NEXT 投資信託で失敗しやすい3つのポイントとは?注意点をやさしく解説

続きを読む

Feature