貯める&備える
2018/06/28

年金や退職金以外で老後の収入源を作る方法って?

(写真=Ljupco Smokovski/Shutterstock.com)
(写真=Ljupco Smokovski/Shutterstock.com)
老後の収入といえば、公的年金を思い浮かべる人が多いと思います。しかし、いまや年金だけでは安心した老後生活は難しいと言われている時代です。では、年金や退職金、貯蓄のほかに、老後収入を得ることは可能なのでしょうか。

ずっと働けるなら「労働賃金」も可能

退職しても、健康であれば働き続けることができます。たとえ、月に数万円でも、高齢になっても収入があるというのは大きな助けになります。また、意識に張りが出て、年齢を感じず若々しく過ごせるというメリットも。

外に働きに出るだけでなく、在宅で趣味や特技を生かして収入を得ることも可能です。

手作りの洋服や小物を販売し、売れた分だけ手数料を差し引いて収入にできるお店もありますし、ネット販売できるサイトも数多くあります。自宅で工芸や料理、書道や絵画などを教えるビジネスを始めても良いでしょう。

働かなくてもお金が入る「不労所得」

老後は体力も落ちますので、いずれ働くことも難しくなります。そうなると、働かなくても収入を得る方法、いわゆる「不労所得」が収入の候補に挙がります。

不労所得の代表的なものは、マンションやアパートを持ち、家賃などの不動産所得を得る方法です。預貯金の利息はほとんど付かないため、株に投資して配当金や株主優待を得て生活を豊かにしている人もいます。

これらの不労所得を得るには、その元となる不動産や株を購入する資金が必要ですが、それを元に長期にわたって収入を得ることができれば、老後の生活への不安も少なくなるでしょう。

老後への備えは貯蓄だけではない

老後も働き続けたいと思う人や、趣味を楽しみたいと考えている人は、まず何よりも健康を保つ努力が必要です。食生活や運動習慣の見直しなど、将来のために今からできることを心がけましょう。

また、不動産投資や株式投資は、必ずしも安定した収益を得ることができるとは限りません。年金生活になってから投資を始めようと思っても、失敗した時のリスクがより大きくなります。老後に不労所得を得たいと考えている人は、現役時代のリカバリーがきくうちに投資を始め、知識と経験を積んでいきましょう。

文・福島佳奈美(ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
もう?まだ?アラフォー独身女性が今から考えるべき「老後のお金」3つのポイント
豊かな老後を迎えるために、アラフォーが今すぐすべき3つのToDoリスト
独身女性が安心できる貯金額はいくら?漠然とした不安を解消する簡単な方法
一生独身かも…老後が不安なアラフォー女性のための、幸せ貯金計画
人生100年時代を生き抜く私たちに必要な「生涯学習」って?
PREV 意外と知らない!?厚生年金保険の押さえておくべき3つのポイント
NEXT 住友不動産の株価が「不動産市場」の未来を暗示する!? 地価上昇でバブルピークへ? 崩壊のリスクは?

続きを読む

Feature