貯める&備える
2018/06/24

人生100年時代、「退職金」と「公的年金」のオトクな受け取り方

(写真=Ruslan Guzov/Shutterstock.com)
(写真=Ruslan Guzov/Shutterstock.com)
英ロンドン大学のリンダ・グラットン教授が『LIFE SHIFT』で提唱した人生100年をどう生きるかという命題は、日本でも2017年に話題となり大きな衝撃をもたらした。

いきなり「今後は、100年生きるのが当たり前になる」といわれると、多くの人は戸惑うはずだ。その中の代表的な声は、「定年後の40年近い人生をどうやって生活していけばよいのか……」ではないだろうか。

その老後に備えるためにまず知っておくべきは、「退職金」と「公的年金」の知識だ。受け取り方一つで手残りの金額は大きく異なる。オトクに受け取るためにはどうすれば良いのだろうか。

退職金の受け取り方(一時金か年金か)

定年後の大切な生活原資である退職金。受け取り方法は会社によって異なるが、一時金か、年金か、その併用かなどを選択出来ることも多い。そこで考慮すべきは、手取りの金額だ。

まず、退職金にも税金がかかるが、その計算方法は、今までもらってきた給与や賞与とは異なる。退職金は、所得税法上退職所得とされ、基本的には次の計算式で課税される。

(退職金額-退職所得控除)×1/2=退職所得

【勤続年数と退職所得控除額の関係】
  • 20年以下:40万円×勤続年数 (80万円未満の場合は、80万円)
  • 20年超:800万円+70万円(勤続年数-20年)
ここで計算された退職所得を国税庁発表の速算表に当てはめて税額を計算していく。

【速算表】

退職一時金が3000万円で勤続年数35年のケースで計算する。

{3000万円―(800万円+70万円×(35年-20年))}×1/2=575万円

所得税:575万円×20%-42万7500円=72万2500円
住民税:575万円×10%=57万5000円
復興特別所得税:72万2500×2.1%=1万5172円

すなわち手取り額は3000万円ー72万2500円ー57万5000ー1万5172=2868万7328円となる。また、一時金には社会保険料は、全くかからない。

次に、年金として受け取るケースを見てみよう。

年金で受け取る場合、所得税法上は雑所得として計算される。

(退職年金-公的年金等控除額)=公的年金等にかかる雑所得
1 2
Page 1 of 2
PREV 住友不動産の株価が「不動産市場」の未来を暗示する!? 地価上昇でバブルピークへ? 崩壊のリスクは?
NEXT お金と上手に付き合えている?マネー美人度チェックリスト

続きを読む

Feature