貯める&備える
2020/08/14

老後資金はいくら必要?年代別の貯蓄額と今からできる貯蓄術を紹介

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が公表した、年金以外に必要となる老後の資金は2,000万円であるとした報告書により、老後資金へ意識が高まっています。貯金をしたいのになかなか貯められない人の特徴や、目標としたい金額の目安、また上手な貯金の増やし方をご紹介します。

貯金できないのはなぜ?まず見直したい貯金ができない人の共通点

定職があるのに貯金が増えない…貯金ができない人の特徴は? 

定職についているのに貯金がない……という人は意外と少なくありません。貯金ができない人には共通する特徴があるものです。思うようにお金が貯められないという人は、一度自分の行動をチェックし、見直してみましょう。

詳細はこちら。

老後のために…今から意識しておきたい貯金額の目安

公的年金だけでは生活できなくなる?意識しておきたい貯金額の目安

老後は年金があるから大丈夫……とはいえない時代になりました。老後の資金作りは、早く始めるに越したことはありません。今から意識しておきたい貯金額の目安をご紹介します。

詳細はこちら。

毎月10万円貯金をしておけば安心?年収別にみる貯蓄額の目安とは

貯金があるとなにかと安心ですが、具体的に毎月どのくらい貯金すればいいのかは悩ましいところです。他の人がどれくらい貯めているのかも気になりますよね。年代別貯金額や年収別の貯金額目安をはじめ、「固定費の見直し方」や、「おすすめの貯蓄方法」をご紹介します。

詳細はこちら。

30代はライフイベントが盛りだくさん!目安となる30代の貯金額とは

30代独身の平均貯金額や年収別の貯金額 

同年代の人がどのくらい貯金をしているか、直接聞くことがなかなか難しい分気になりますよね。30代単身者の貯金額を知ることで、今自分が置かれている状況を客観的に知ることができます。今から貯金を始めた場合、将来いくら貯金ができるかもシミュレーションします。

詳細はこちら。

30代夫婦が貯めておくべき貯金額は意外と多い?出産、子育て、老後の必要資金はいくら?

30代は子供の学費、住宅購入などの出費がかさむ年代です。また同時に、老後の費用も気になりはじめるとき。想定できる大きな出費を把握しておくことでそれが目標となり、貯金へのモチベーションにつながります。

主なライフイベントや将来必要な費用を計算し、それをもとに30代夫婦が貯金を上手に増やす方法を紹介します。

詳細はこちら。

アラフォーになったら真剣に老後の準備を!40代のリアルな貯金事情

40代独身女性のリアルな貯蓄額が知りたい

お金の話は、仲の良い友人同士でもなかなか具体的には聞き出せないものです。そこで、40代シングル女性のリアルな貯蓄額や節約の仕方、貯金の増やし方まで総合的にご紹介します。

詳細はこちら。

40代女性が意識しておきたい貯えの目安 

アラフォーになると、老後の資金も気になるようになってきます。独身生活を謳歌している40代女性も増えていますが、既婚女性より不安に感じていることもあるでしょう。貯金額の目安として、40代の平均貯金額や老後に必要となる金額を解説します。またうまく貯金ができない時の対処法もご紹介します。

詳細はこちら。

アラフォーおひとりさまの老後資金シミュレーション 

そろそろ老後の資金を準備しないと……と考えていても、なかなか毎月の給与から決まった金額を貯金できないという人もいるのではないでしょうか。ライフスタイル別に老後必要になる資金を把握することで、月々貯めるべき金額がわかってきます。今のうちにしっかりシミュレーションしておきましょう。

詳細はこちら。

アラフォーで貯金毎月10万円は少ないの?大切なのは金額より貯蓄率

貯金をし始めると、どうしてもその金額にとらわれてしまいがちです。でも大切なのは「貯蓄額」よりも実は「貯蓄率」です。長く続けるためには、無理をし過ぎず自分ができる範囲で貯蓄を増やしていくことが大切です。アラフォーが意識したい貯蓄率の目安をご紹介します。

詳細はこちら。

貯金をするコツや今から始める貯金対策

ライフスタイルを含めた老後資金のシミュレーション

老後の資金がいくら必要かは、その人のライフスタイルに大きく左右されます。老後に必要となる資金の考え方から、年収400万円の人が90歳まで生きた場合を想定し、老後までに貯めておくべき貯金額をシミュレーションします。

詳細はこちら。

老後に夫婦で必要な金額は?今からできる対策

日本世界でも上位の長寿国です。健康寿命も長くなり、65歳以後も働いている人が増えています。とはいえ65歳を過ぎると収入がそれまでより低くなるケースが多くなります。老後の貯金は65歳を迎える前にしっかりと準備をしておく必要がありますので、今から対策を始めましょう。

詳細はこちら。

500円玉貯金が絶対に成功する方法と習慣化のコツ

貯金の重要性は誰もが知るところですが、いくつになっても行動に移せない人もいます。たとえまとまったお金を貯金できなくても「チリも積もれば山となる」に基づき、コツコツ実践していきましょう。500円玉貯金を続けるコツをお伝えします。

詳細はこちら。

しっかり貯金をするために…!銀行の使い方

おすすめの貯金専用口座

ボーナスなどのまとまった収入や、日々の生活の中でコツコツ貯めたお金をできるだけお得に預けられるよう、前もって預け先を比較検討しておきたいものです。FPの目線でおすすめしたい金融機関の口座をご紹介します。

詳細はこちら。

貯金の「やり方」がポイント!高金利な銀行を紹介

頑張って貯金をしてみようと思っても、なかなか思うように続かない……と悩んでいる人がいます。その原因は「貯金のやり方」に問題があるのかもしれません。貯金を増やすための習慣を身につける方法や、貯金を増やすためにおすすめしたい高金利の銀行をご紹介します。

詳細はこちら。

普通預金だけじゃない!銀行口座の上手な運用方法とは

「銀行口座」の中には、普通預金の他にも定期預金や貯蓄預金などがあり、それぞれ手数料や金利が異なります。上手に使いこなすには、その違いをしっかりと知ったうえで、自分に合った銀行口座の運用方法を見極めることが大切です。

詳細はこちら。

積立貯金におすすめの銀行口座5選 

お金を貯める確実な方法は、貯金用の口座に毎月一定額をコツコツ積み立てていくこと。銀行の積立預金は誰でも手軽に始めることができます。積立預金におすすめの金融機関を5つご紹介します。

詳細はこちら。

貯金だけでなく運用も考える

貯金だけでなく運用も視野に…!初心者向け運用の基本

少子高齢化が進み、年金制度を維持することが難しくなってきているというニュースを聞いたりして、老後への不安を感じている人もいることでしょう。低金利の時代においては、預金だけでなく運用を視野に入れて検討してみることも大切です。初めて運用をする方のために、運用の基本的な考え方をご紹介します。

詳細はこちら。

 

文・fuelle編集部


【こちらの記事もおすすめ】
貯蓄1,000万?お金が貯まる5つのコツ
家計調査「平均貯蓄額」に驚きの声続出!
老後が不安なアラフォー女性の幸せ貯金計画
独身女性が安心できる貯金額はいくら?
貯金できない人が入れるべき貯金アプリ
PREV 貯金できない女性にありがちな4つの特徴!当てはまったら要注意!
NEXT 40代独身女性のリアルな貯金と節約の話。平均貯蓄額はいくら?

続きを読む






Feature