貯める&備える
2020/05/29

老後資金確保の新手法、リースバックの仕組みとは

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
老後資金2,000万円問題が、社会的話題になりました。年金収入だけでは、月に5万円以上も生活費が不足するというのです。老後資金作りの選択肢に、リースバックという資金調達方法があります。自宅の不動産価値に応じて資金調達ができるという、その仕組みとは?

老後資金2,000万円問題が社会的話題に

老後資金2,000万円問題が取り沙汰され、将来に不安を感じる人もいるでしょう。老後に2,000万円の生活費が不足する根拠とされているのが、総務省の「家計調査2017年 高齢夫婦無職世帯の家計収支」という統計で、年金などの収入があっても毎月約5万5,000円不足するといいます。仮に老後を30年として計算すると、以下のようになります。

5万5,000円×12ヵ月×30年=1,980万円

夫65歳、妻60歳という夫婦をモデルにしていますが、アルバイトやパートをしたとしても働けるのは10年が限界でしょう。それでも20年分の生活費が不足することになります。

他に方法はないのでしょうか。そこで今注目されているのが、リースバックという仕組みです。

リースバックとは何か

リースバックとは、自宅を売却した後もそこに住み続けることができるという資金調達手法です。リースバック会社がオーナーから自宅を買い取り、売買代金をオーナーに一括で支払います。その後リース会社がその家を元オーナーに貸し付けることで、オーナーは変わらず自宅に住むことができるという仕組みです。住宅ローンが残っている場合でも、買い取ってもらうことができます。

ただし、買取金額よりもローン残高が多い場合は、リースバックを利用することができません。また、買取金額のほうが高かったとしても、ローンの残債を支払って手元に残る資金がわずかであれば老後資金にはならないので、リースバックを利用する意味がないでしょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV 親を扶養家族にするための条件は?所得税と社会保険の扶養の違いを解説
NEXT 年金は「繰り下げ受給」がお得って本当?メリット&デメリットを解説!

続きを読む






Feature