カードローンおすすめランキング

 

銀行員ライターに聞く、お得に借り入れできるカードローンランキング 初心者向けネット証券おすすめランキング 手数料やツールなどを徹底比較

ネットにはカードローンランキングの記事がたくさんあって、逆にどれが正解なのか?わかりにくくなっています。今回は、銀行で長年融資の仕事をしてきた現役銀行員の私が、お金を貸す側の視点でランキングしてみました。これからカードローンのことを知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

加藤隆二(銀行員ライター)
地方銀行に30年間勤務する銀行員ライター。FP2級(個人資産相談)、生保損保代理店資格、その他銀行業務検定資格複数保有。事業資金から、住宅ローンやカードローンなど借入全般の相談を数多く対応。返済が困難なお客様の、いろいろな相談を聞き、一緒に考え解決してきた一方、倒産、自己破産や一家離散、あるいはもっと不幸なケースにも関わって、お金の素晴らしさと怖さを、イヤと言うほど知っています。こうした経験を活かし、読者の役に立つ文章を書いていきたいと思います。

オリックス銀行

おすすめ度

★★★★★

オリックス銀行

おすすめポイント

ガン保障特約付き団体生命保険に加入することもできて、しかも金利の上乗せがありません。このメリットがあるため、今回は1位にしました。
実質年率
実質年率は1.7~17.8%
借入限度額
最大800万円まで
融資スピード
審査回答時間は、最短〇〇などの記載はありません。申込みを受付後、在籍確認(勤務先への電話確認 詳細はQ&A)ができて契約となるので、どのくらい時間がかかるかは未知数です。
無利息期間
無利息期間はありません
web完結
申込時~契約までWEB完結が可能です。

ジャパンネット銀行

おすすめ度

★★★★★

おすすめポイント

金利の低さ、審査スピード、無利息期間があるなど銀行と消費者金融系のいいとこ取り。 しかし生命保険のメリットには勝てず、今回は2位となりました。
実質年率
実質年率は1.59~18.0%
最低金利が低いところが魅力です。
借入限度額
最大1,000万円まで
融資スピード
事前審査はなく、審査回答は最短60分以内、即日契約して借入することも可能です。
無利息期間
利用が初めてなら、最初に借入したその日から最大30日間無利息になります。
web完結
申込時~契約までWEB完結が可能です。

レイクALSA

おすすめ度

★★★★★

おすすめポイント

借入限度は消費者金融系では少ないですが、無利息期間のバラエティ度を加点しました。
実質年率
実質年率は4.5~18.0%
消費者金融系では一般的な水準。
借入限度額
最大500万円まで
融資スピード
事前審査は「生年月日」「年収」「他社借入件数」「他社借入額」の4項目です。事前審査~本審査~借入まで最短1時間(WEB完結の場合)で、即日契約して借入することも可能です。
無利息期間
利用が初めてなら以下2種類の無利息期間があります。
①契約日の翌日から、借入可能な全額が最大60日間無利息
②契約日の翌日から、借入のうち5万円までは最大180日間無利息
web完結
申込時~契約までWEB完結が可能です。

プロミス

おすすめ度

★★★★☆

おすすめポイント

消費者金融系の中では金利が低いところが、加点要素になりました。
実質年率
実質年率は4.5~17.8%。消費者金融系の中では金利が低いので、★をひとつ付けました。
借入限度額
最大500万円まで。消費者金融系で、他社より少ないのが、マイナス要素になりました。
融資スピード
事前審査は「生年月日」「年収」「他社借入額」の3項目で最短15秒。事前審査~本審査~借入まで最短1時間で可能です(WEB完結の場合)。本審査の回答は最短30分以内で、即日契約して借入することも可能です。
無利息期間
利用がはじめてなら、最初に借入した翌日から最大30日間無利息になります。
web完結
申込時~契約までWEB完結が可能です。

アイフル

おすすめ度

★★★★☆

おすすめポイント

金利、借入限度、融資スピード、無利息期間など消費者金融系の標準ランクです。
実質年率
実質年率は3.0~18.0%。消費者金融系では一般的な水準です。
借入限度額
最大800万円まで。
融資スピード
事前審査は「年齢」「雇用形態」「年収」「他社借入額」の4項目で最短1秒。本審査の回答は最短30分以内で、即日契約して借入することも可能です。
無利息期間
利用が初めてなら、最初に借入した翌日から最大30日間無利息になります。
web完結
申込時~契約までWEB完結が可能です。

楽天銀行

おすすめ度

★★★☆☆

おすすめポイント

最低、最大金利の低さは加点できますが、他社との比較で特色が弱いと感じ、順位は6位となりました。
実質年率
実質年率は1.9~14.5%。最低、最大金利の低さで加点しました。
借入限度額
最大800万円まで。
融資スピード
審査には数日かかる場合もあるとの説明があり、スピードは売りにしていません。
無利息期間
無利息期間はありません。
web完結
申込時~契約までWEB完結が可能です。

みずほ銀行

おすすめ度

★★★☆☆

おすすめポイント

住宅ローンを利用している人は金利(下記)が0.5%優遇されますので検討してみては。ただ、すべての人には当てはまるわけではないので、この順位となりました。
実質年率
実質年率は2.0~14.0%。最低、最大金利の低さで加点しました。
借入限度額
最大800万円まで。
融資スピード
審査時間の記載はなく、スピードは売りにしていません。
無利息期間
無利息期間はありません。
web完結
申込時~契約までWEB完結が可能です。

アコム

おすすめ度

★★★☆☆

おすすめポイント

無利息期間が契約日からの開始となる点が気になり、この順位となりました。
実質年率
実質年率は3.0~18.0%。消費者金融系では一般的な水準。
借入限度額
最大800万円まで。
融資スピード
事前審査は「年齢」「年収」「他社借入額」の3項目で最短3秒です。本審査の回答は最短30分以内で、即日契約して借入することも可能です。
無利息期間
利用が初めてなら、契約日の翌日から最大30日間無利息になります。借入の翌日ではなく、契約日から10日後に借りると無利息期間は20日となる点に要注意。
web完結
申込時~契約までWEB完結が可能です。

三井住友銀行

おすすめ度

★★☆☆☆

おすすめポイント

銀行系では金利が高めとなっており、この順位となりました。
実質年率
実質年率は4.0~14.5%。銀行カードローンでは金利が高めです。
借入限度額
最大800万円まで。
融資スピード
事前審査は「年齢」「年収」「他社借入額」の3項目で診断結果が出ます。そのあと本審査~借入まで、最短でも翌営業日です。金曜日に申し込むと金~火曜まで5日必要となる可能性もあります。(金曜申込み⇒翌営業日の月曜までに在籍確認⇒本審査)
無利息期間
無利息期間はありません。
web完結
申込時~契約までWEB完結が可能です。

SMBCモビット

おすすめ度

★★☆☆☆

おすすめポイント

審査スピード、無利息期間がないなどの特徴があり、マイナス要素から順位は下がりました。
実質年率
実質年率は3.0~18.0%。消費者金融系では一般的な水準です。
借入限度額
最大800万円まで。
融資スピード
簡単な事前審査はなく、審査に必要な情報をすべて入力してから10秒後に審査回答となります。したがって、入力に手間取ると、審査に時間がかかる場合もあります。ただし審査がスムーズに進めば、当日借入も可能です。
無利息期間
無利息期間はありません。
web完結
申込時~契約までWEB完結が可能です。

カードローンQ&A

Q

「カードローンの枠」ってなんですか?

A

カードローンは枠内なら自由に出し入れ可能です。利用歴などで枠が増額されることもあります。枠が100万円の場合、
「①100万円フル利用」
「②半分の50万円程度利用」
「③まったく未利用」
の1~3どれでも「100万円借金している」と金融機関は考えます。なぜなら今0円で未利用でも、ATMで100万円借入できるからです。

Q

カードローンの記事にある「総量規制」ってなに?

A

個人が過度な借入をしないよう、その人の年収の3分の1を超える貸付けは原則禁止されている、これが総量規制です。総量規制の対象となるのは、貸金業者からの借入です。貸金業者とは、消費者金融やクレジットカード会社などが挙げられます。

銀行や信用金庫などは貸金業者ではありませんので、総量規制の対象外です。しかし、昨今は銀行のカードローンによる貸しすぎが問題となり、自主規制として総量規制と同じように年収の3分の1以内までしか融資しない銀行も増えてきました。

Q

カードローンの審査では、必ず勤務先に電話するの?

A

必ず電話します。カードローンでは勤務先が申込書に書いてあるとおりかを確認する(在籍確認といいます)のが大原則です。消費者金融でも在籍確認は普通に行なっており、特に銀行カードローンは在籍確認なしで審査しません。なお、あからさまに「〇〇金融です」「▲▲銀行ですが」などと電話することはなく、一般的には個人名で連絡します。

しかし、会社の人事部などは在籍確認になれているので、大抵は気づかれてしまいます。会社によっては従業員の借金に厳しいところもありますので、在籍確認には注意が必要です。また、在籍確認をしない、会社にも連絡しないカードローンは金利や条件面で厳しくなりますので、こちらも内容をしっかり確認してください。

Q

実質年率の「実質」ってどういう意味?

A

カードローンでは保証会社の保証付きが一般的です。保証会社はカードローンの返済を保証し、返せなくなった時には残金を一括で立て替え払いします。これを代位弁済と言い、そのあとは保証会社に返済していくことになります。カードローンを借りる人は、保証会社に保証料を支払うのですが、保証料は毎月支払う金利に含まれています。保証料を含み、毎月支払っていく金利が実質的な金利、ということになります。

Q

返済が遅れるとどうなるの?「ブラックリスト」は本当にあるの?

A

返済が遅れることを延滞といい、返済日から61日以上、または3ヵ月以上遅れると、個人信用情報に「異動」が登録されます。これは銀行やクレジットカード会社が加盟している信用情報機関「CIC」の基準です。信用情報機関とは、ローンやクレジットの利用内容、延滞の状況、代位弁済の記録などの記録を保有する会社で、これらの情報は融資の審査に用いられています。

上記した延滞や、代位弁済などはネガティブな記録として一定期間個人信用情報に残りますので、融資審査で調査して事実が判明すれば審査落ちになってしまいます。このように、延滞などの記録があると審査に通りにくくなることから、俗にブラックリストと表現されています。実際にブラックリストと呼ばれるものは存在しませんが、個人信用情報のネガティブな記録はまさにブラックリストのようなモノです。ここはぜひ覚えておいてください。


おすすめ情報
recommended information