ライフ
2018/04/29

「貯まる女子」のお部屋にあるもの・ないもの

(写真=Photographee.eu/Shutterstock.com)
(写真=Photographee.eu/Shutterstock.com)
毎月、一定のペースで貯金ができる「貯まる女子」。彼女たちの部屋には、実は意外な秘密があるのをご存知ですか?「貯まる女子」の部屋にあるもの・ないもの見ていきましょう。

貯まる女子のお部屋にあるもの

  • タンブラー
  • キッチン用品
  • 収納グッズ
貯まる女子が共通して持っているもの、1つ目はタンブラーです。カフェでコーヒーやカフェラテを買うと、1杯300円ほどかかりますよね。毎日1杯ずつ買えば、年間約10万円もの出費に。タンブラーを持ち歩けば、節約もできるし、おしゃれさも演出できます。
貯まる女子を目指して、お気に入りのマイタンブラーを持ち歩き、賢く節約していきましょう。

2つ目は、お気に入りのキッチン用品です。貯まる女子たちは自炊を心がけています。毎日の料理が楽しくなるように、便利な調理グッズや美味しい調味料、可愛いお皿などを揃えている傾向が。テンションがあがるキッチン用品で自炊をし、節約を心がけましょう。

貯まる女子のお部屋には、さらに共通点が。それは、部屋が100円ショップなどの収納グッズで整理整頓されているということです。洋服や本、キッチン用品などがひと目で探せるので、無駄な買い物を防ぐことができます。きちんと整理された部屋は、お金を呼び込むお部屋なのです。

貯まる女子のお部屋にないもの

  • 雑誌
  • 2年以上着ていない洋服
  • 使いかけの化粧品
逆に、貯まる女子のお部屋にないもの、それは雑誌です。一般的な女性誌は、1冊700円ほどしますね。毎月2冊購入すると、年間で1万6,800円(700円×2冊×12ヵ月)に。最近では、インターネットで流行りの洋服をチェックすることができるので、毎月雑誌を購入するのは勿体ないと言えるでしょう。

さらに、貯まる女子の部屋には、2年以上着ていない洋服や、使いかけの化粧品など、不要なものはありません。必要最低限のものが揃っている断捨離された部屋は、まさにお金が貯まりやすい部屋なのです。

小さな積み重ねからコツコツと

突然お金持ちになるような魔法はありません。全ては日々の積み重ねから。無駄なお金を使わないように、小さな節約から始めて、貯まる女子を目指していきましょう。

文・下中英恵(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

【こちらの記事もおすすめ】
女性を超える関心度!?「オトコの美活」意識調査結果
住宅ローン控除(減税)をフル活用するための基本の「き」
実はハイリスクなライフイベントTOP5。転職、住宅購入、結婚……
2018年マンションの「駆け込み」需要が起きるってホント?
じぶん時間がもっと増える「ちょこっと家事代行」3選
PREV お金持ちが集う会員制コミュニティとは(東京編)
NEXT 人生100年時代を生き抜く私たちに必要な「生涯学習」って?

続きを読む