ライフ
2020/02/16

グレープフルーツでダイエット!効果を出すには夜食べるのがいい?

グレープフルーツは、デザートやジュースによく出てくる果物です。ポリフェノールの一種であるナリンギンを含み、食欲を抑える働きがあります。また、脂肪燃焼効果や血流を促進する効果があり、便秘解消や老廃物の排出を促進するので、ダイエット効果をもたらします。グレープフルーツダイエットの口コミを見ると、1週間で痩せたという人も…。しかし、グレープフルーツを食べるだけで本当にダイエットできるのでしょうか?今回は、グレープフルーツのダイエット効果、食べ方、口コミについて調べてみました。

グレープフルーツダイエットとは

グレープフルーツダイエットは、柑橘系の果物です。グレープフルーツのさわやかな香りと味を楽しみながらダイエットができると、口コミでも人気のダイエット法です。グレープフルーツダイエットでは、グレープフルーツが持つ食欲抑制や代謝促進の働きを生かした食べ方として「食前に食べること」「香りを楽しむこと」の2つに注目しています。

グレープフルーツダイエット!おすすめの食べ方は?

基本的なダイエットは、1日3食の食前に1/3個のグレープフルーツを食べます。合計すると1日あたり1個のグレープフルーツを食べることになります。グレープフルーツは食事の30分前以内に食べることで、食欲抑制の効果を高めます。食べる前に香りをしっかりと嗅ぎましょう。薄皮も一緒に食べることで、食欲抑制の効果を発揮します。そして、良く噛むことで満腹感を増します。あとの食事は、好きな物を食べても大丈夫です。

ジュースでもいい?グレープフルーツダイエットの効果を出す食べ方

グレープフルーツは、果汁が多く香り高いためジュースとしてもよく見かけますね。しかし、グレープフルーツダイエットでは、よりダイエット効果のある成分を生のままで摂っています。ジューサーなどにかけられたジュースは、酵素が破壊され食物繊維も省かれた状態になっています。市販のジュースを避け、生の果実や自宅で絞ったフレッシュなジュースを摂りましょう。

グレープフルーツのダイエット効果は?

グレープフルーツに含まれる成分にそれぞれダイエットによい効果が期待できます。

ナリンギン効果

グレープフルーツの苦み成分であるナリンギンは、ポリフェノールの一種で、食欲抑制の働きがあります。

食物繊維効果

グレープフルーツは食物繊維を多く含むため、便秘の解消、老廃物の排出を促進させます。血液をさらさらにする効果があります。

ヌートカン効果

グレープフルーツの香り成分であるヌートカンは、交感神経の働きを活発にします。脂肪燃焼効果を促進させます。

ビタミンB1効果

グレープフルーツに含まれるビタミンB1は、糖質の代謝を高める作用があります。

カリウム効果

グレープフルーツに含まれるカリウムは、ミネラルの一種で、デトックス作用があります。体内の塩分を排出するため、むくみの改善に役立ちます。

リモネン効果

グレープフルーツの香り成分であるリモネンは、末梢の血管を拡張させ、血流を促進する効果があります。新陳代謝を活発にするため、痩せやすい身体になります。また、リラックスを促進させ、ストレスの緩和をもたらします。

グレープフルーツダイエットの効果を出すには

グレープフルーツダイエットの口コミや体験談からは、グレープフルーツだけを食べたり、過剰にグレープフルーツを食べたりと、極端なやり方のせいで痩せない原因になる場合があります。グレープフルーツは、白と赤の種類により味と香りも異なります。メニューや栄養管理をしっかりと考え、痩せやすい身体作りを心掛けましょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV SNSで話題の「手巻納豆」って?「成城石井」の贅沢グルメ3選
NEXT 今年の自分チョコに!バレンタイン「お取り寄せスイーツ」2選

続きを読む

Feature