ライフ
2020/01/16

遊びから学び・グルメまで!最新デートスポット「METoA Ginza(メトアギンザ)」

(写真=METoA Ginza 外観)
(写真=METoA Ginza 外観)
銀座には心くすぐるスポットが数多くあります。デートにも家族との憩いの時間にもピッタリなスポットを探しているのなら、三菱電機株式会社が運営する施設「METoA Ginza(メトアギンザ)」がおすすめです。METoA Ginzaは最新テクノロジーを体感できたり、おいしいグルメをたんのうできたりと、さまざまな楽しみが詰まった施設です。今回は、METoA Ginzaの魅力やおすすめの楽しみ方を三菱電機の宣伝部に聞きました。

進化を続ける三菱電機がMEToA Ginzaをオープンした理由

(写真=METoA Cafe&Kitchen 店内観)

三菱電機は、家庭用電化製品から宇宙開発に関連する事業まで、さまざまな分野で暮らしを支える総合電機メーカーです。2021年に創立100周年を迎える三菱電機は、長い歴史の中で常に進化を続けてきました。最新テクノロジーが詰まった三菱電機グループの技術やサービスにもっと気軽に触れてもらいたいと、2016年3月31日にMEToA Ginzaをオープンしました。

METoA Ginzaは単なる製品の展示施設ではありません。3~4ヵ月テーマごとに内容を変えて開催している体験型イベントでは、三菱電機グループの最新テクノロジーや活動について、楽しみながら体感できます。併設するレストランは食材にもこだわり抜き、健康的で見た目にも美しい料理を提供しています。

METoA Ginzaはどんな施設?

(写真=METoA VISION(メトアビジョン)のバーチャル収穫体験)

METoA Ginzaは、銀座駅に直結している東急プラザ銀座内にあります。1階にはレストランとグッズショップを構え、2階から3階にかけての展示・体験スペースでは、三菱電機グループの製品やテクノロジー、企業活動などを映像や展示などでご紹介しています。

METoA Ginzaの見どころは、2階の壁一面に広がる「METoA VISION(メトアビジョン)」と、3階にある体験型アトラクションです。METoA VISIONでは、その時々のイベントテーマに合わせた大迫力の映像を空間全体でお楽しみいただけます。3階も2階と同様に、イベントテーマに合わせた体験型アトラクションや最新技術の展示などを行っています。

イベントが変わるたびに新しい発見があり、ワクワクできるのがMEToA Ginzaの特徴です。レストランは女性や海外のお客様でにぎわい、2階から3階の展示施設は幅広い年代の方にお楽しみいただいております。
(写真=農業疑似体験)

2019年11月19日から2020年3月4日までは、「食」をテーマにした「デジタル収穫祭 in Ginza」を開催中です。METoA VISIONでは野菜づくりの精たちと一緒に野菜を育て収穫するバーチャル体験が、3階では農作業の大変さや日本酒づくりにおける温度と湿度の管理の大変さを疑似体験できるアトラクションを楽しめます。いずれも無料で体験できますので、銀座でのショッピングの帰りや仕事帰りにふらっと立ち寄って、気軽に最新テクノロジーをお楽しみください。
(写真=バーチャル酒蔵で日本酒造りに挑戦)
1 2
Page 1 of 2
PREV やる気が出ない……プチ不調を回避する「過ごし方改革」って?
NEXT 老け見え注意!ボトムに合わせて選ぶ冬の厚手ニットトレンド

続きを読む






Feature