ライフ
2020/01/14

ハワイアンに愛され続けるお店「リリハベーカリー」の魅力

ハワイで長い間愛され続けているベーカリーショップ、リリハベーカリー。
今回は本店とアラモアナ店の2つのお店に行った感想を届けします!

リリハベーカリーはホノルルに3店舗


リリハベーカリーは1950年に創業したハワイのベーカリー&ダイナーです。
お店の名前の通り、最初にお店がオープンしたのは、ダウンタウン山側エリアのリリハ地区でした。

2014年にはカリヒ地区のニミッツハイウェイ沿いに2号店がオープンし、1号店とは異なるモダンな雰囲気に大勢のローカルが訪れる人気店となりました。

そして2019年3月にアラモアナセンターに3号店がオープン。

リリハベーカリーといえば、やはりココパフが有名なですよね。
ココパフは日本のシュークリームに似たお菓子で、パフの頂上にシャンテリークリームがたっぷり乗っているのが特徴です。
また、どのお店にもダイナーがあって、美味しいごはんを食べようと大勢のローカルや観光客が訪れる人気店となっています。

リリハ・レストラン?


リリハベーカリー3号店は、アラモアナセンターのダイヤモンドヘッド側にあるメイシーズの3階にあります。
ここは以前パイナップルルームがあった場所で、ランチにロコモコを頂いたことがある場所です。
1号店や2号店と同じように、店内にはベーカリーとダイナーがあって、ベーカリーではココパフも手に入れることができます。

広々としているフロアにはダイナー専用の受付があるので、リリハベーカリーというよりは、むしろ「リリハ・レストラン」と呼んだほうがしっくりきます。

朝6:30から夜22:00までオープンしていて、山側の駐車場から直接お店に入ることもできるので、ハワイを訪れるツーリストにもとても利用しやすいお店です。
1 2
Page 1 of 2
PREV お肉より美味しい!?栄養満点でヘルシーな「お肉もどき」6選
NEXT 結婚の条件「年収500万」は普通?結婚したい女性が考えるべき3つのこと

続きを読む

Feature