ライフ
2019/12/22

あこがれのウッドデッキでテラス生活をしたい人へ

(画像=tab62/Shutterstock.com)
(画像=tab62/Shutterstock.com)
太陽光がたっぷり差し込むリビングに隣接した、大きなウッドデッキにあこがれている人も多いのではないでしょうか。縁側とはまた違う魅力のあるウッドデッキを設置して、生活に彩りを加えてみませんか?ここでは、注文住宅に設置したいウッドデッキの魅力や費用について解説します。

ウッドデッキの魅力

ウッドデッキの魅力は、住宅からすぐに庭に出られる点や、リビングが広く感じられる点にあります。高さとリビングの床の高さをそろえて大きな窓を設置すれば、広々としたリビングの延長線で庭を楽しめるようになります。ウッドデッキの上部に屋根を設置すれば、天候に関係なく外に出られるのも魅力です。ウッドデッキの三方を壁で囲めば、外からの視線を気にせずくつろげる外のプライベートルームにもなります。

少し工夫を凝らして、道路から玄関までをつなぐアプローチをウッドデッキにすると、まるで桟橋のような雰囲気が出ます。庭先に露天風呂を設置して、ウッドデッキで囲むと高級旅館のようなデザインに。家と外をつなぐウッドデッキの使い方は、設計上可能であればどのようにもデザインできます。とびきり個性的なウッドデッキを設置したいのなら、設計の際に住宅会社に相談してみましょう。

費用感について

ウッドデッキの価格を見ていきましょう。小さなものなら施工料込みで20万円ほどから設置できます。大きなウッドデッキやフェンスを付けたウッドデッキは50万円~100万円ほどです。

木の種類、色、デザインも自由に決められるウッドデッキは、価格も施工内容によって大きく変わります。ウッドデッキにかけられる予算が決まっている場合には、設計の段階で希望する予算とイメージを伝えておけば、予算を大きく超えることはないでしょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV 【医師監修】ビールで太る本当の理由。太らない飲み方は?
NEXT ミスドの手土産で喜ばれる「鉄板ドーナツ」5選

続きを読む






Feature