ライフ
2019/12/03

ハワイの「インスタ映え」はここでゲットしよう

ハワイに旅行に出かけたら、綺麗な写真を撮ってインスタグラムにアップしたいと考える人は多いのでは。そこで今回はいま話題のフォトジェニックな写真がゲットできるスポットをご紹介します。

カピオラニパーク/Kapiolani Park


カピオラニ公園はダイヤモンドヘッドの裾野に広がる、およそ1.2平方キロメートルの広さの大きな公園です。カラカウアがアメリカ本土を訪れた際に初めて目にした「公園」を、ハワイの人たちのために整備してほしいと寄贈した土地に王妃カピオラニの名を付けて作られました。

当初は公園整備のために集められたファンドの購入者だけに開放され、裕福な人たちが競馬などを楽しむ場所でしたが、ハワイ王国の終わりと共に開放されました。緑が豊かなこの公園にはフォトジェニックなスポットが数多くあることでも知られています。

モンサラットアベニュー近くに、1980年に建てられたステージを再現した「バンドスタンド」の東側を東西に延びる並木道は、オーストラリアからアイアンウッドを輸入して整備したもの。公園が整備された当時の姿を今も残し、モノクロで撮影するとまるで王国時代を彷彿とさせる景色が映し出されます。

カピオラニ王妃銅像後ろに伸びる遊歩道の先には、その昔船遊びができる大きな池があった名残を残す池もあり、トンボが飛ぶ姿とともに撮影することもできます。

そしてなんといってもこの公園で今一番のフォトスポットは、テニスコート東側のシャワーツリーの中にポツンと一つ置かれているベンチです。この椅子に座り、その後ろからダイヤモンドヘッド全景を入れた写真は、Instagramなどでもよく見られるもので、順番待ちをすることもある人気のフォトスポットです。

カピオラニパーク/Kapiolani Park
住所:    3840 Paki Ave., Honolulu
電話番号:    808-545-7035
営業時間:    施設により異なる
定休日:    施設により異なる
URL:    https://www.kapiolanipark.net/

カカアコ・ウォールアート/Kaka’ako Murals


高層コンドミニアムの建設など再開発が進み、おしゃれなお店もたくさんできたカカアコ地区はカラフルなウォールアートでも人気の街となりました。これらの絵が描かれるようになったきっかけは、ハワイでアーティストの活動をサポートしているNPO「POW WOW Hawaii」の活動によるもの。

カカアコのウォールアートを通してハワイにもっと興味を持って欲しいという思いから、全てのアートにはそれぞれハワイの歴史や文化がちりばめられています。また毎年2月には「POW WOW Hawaii」によるイベントが開催され、アートが書き換えられたりしています。

正確には把握されていないもののこのエリアには50以上のウォールアートがあるといわれており、このウォールアートを写真にとってSNSにアップしようとたくさんの観光客がこのエリアを訪れます。

ただしこのエリアは再開発される前から治安に不安がある場所として知られており、今でもあまり治安が良くありません。昼間でもウォールアートをひとりでは撮影に行かないこと、また、撮影に夢中になって人気の無い場所に入り込んだりしないよう十分注意して撮影を楽しみましょう。さらにトイレに行きたくなったときにはダウントゥアースやショッピングモールのカカアコソルトまで行くなどし、公園のトイレは絶対に使わないようにしましょう。

カラフルモンスター/KEVIN LYONS WALL
住所:    690 Pohukaina St, Honolulu(フィッシャーハワイ裏)
電話番号:    808-356-1800(フィッシャーハワイ)
1 2
Page 1 of 2
PREV ハワイのソウルフード サイミンを味わうならこのお店
NEXT 日本の消費税は世界的にみると安い⁉︎消費税の高い国・低い国ランキング

続きを読む

Feature