ライフ
2019/11/24

セブンvsローソン「バスクチーズケーキ」を食べくらべ

(写真=筆者撮影)
(写真=筆者撮影)
最近話題を集めているスペイン・バスク地方で生まれた「バスクチーズケーキ」。その特徴といえば、こんがりと焼かれた表面と、とろりとした食感です。

なんと、人気のチーズケーキがセブンイレブンやローソンでも取り扱われているもよう。そこで今回は、2店のバスクチーズケーキを食べくらべしてみました。

濃厚なのに後味さっぱり、セブンイレブンの「バスクチーズケーキ」

(写真=筆者撮影)

まず試してみたのが、“セブンイレブン史上最高においしいチーズ”と銘打たれた「バスクチーズケーキ」(税抜238円)。キャッチコピーからも並々ならぬ自信がうかがえる商品です。
 
(写真=筆者撮影)

一見するとマドレーヌのような見た目ですが、フォークを入れるとしっとりと重たい食感に違いを感じさせられます。

食べてみると、ずっしりとした重厚感とやわらかなレア感が口の中に押し寄せ、幸せな心地に。しかも、濃厚なのに後味はさっぱりとしており、しつこくない甘さのおかげで食べやすい印象です。

酸味が控えめなのに、さっぱりとした後味をかなえているあたりにも驚かされます。老若男女を問わず万人受けしやすい味わいではないでしょうか。
1 2
Page 1 of 2
PREV CAが選ぶ世界の「治安の良い都市・悪い都市」
NEXT スタバに行ったら外せない!スタバ鉄板スイーツ3選

続きを読む






Feature