ライフ
2019/11/13

若い頃とは違う!40代の持つべきクレジットカードとは?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
40代ともなると、クレジットカードを選ぶポイントが若い頃に比べて変わってきます。年会費やポイントによるお得さよりも、実用性や利用限度額、年会費とのバランスなどを重視する傾向が強まるようです。40代が持つべきおすすめのカードを紹介します。

初めてなら実用性の高さと審査難易度の低さがポイント

(写真=PIXTA)

これまでクレジットカードを持っていなかった人でも、40代になれば必要となる場面も増えてきます。1枚も保有しないまま年齢を重ねてしまうと信用度の面から作りにくくなるため、初めてカードを申し込む人は審査の難易度が低めのカードを狙いましょう。

主婦やパート、非正規雇用の人でも申し込みが可能なクレジットカードはいろいろありますが、40代ならば日々の生活に密着している流通系が向いていると思います。中でも年会費無料のカードは維持しやすくポイントがお得に貯まり、審査のハードルも比較的低めといえます。

スーパーなど日々の買い物で使いやすくポイントも貯まるクレジットカードとしては、「イオンカード」や「ライフ LC  JCBカード」があります。いずれも年会費が永年無料で、利用するたびにポイントが貯まったり割引になったりする特典付きです。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで便利な「セブンカードプラス」は電子マネー「nanaco」との一体型で、グループ店舗などで使うとnanacoポイントが貯まります。年会費は初年度無料で、次年度以降も来年1月からは無料化されるため実質永年無料です。

>>「イオンカード(WAON一体型)」の詳細を見る(公式サイトへ)

>>「セブンカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

ショッピングや旅行に楽しみたい女性に手厚いカード

(写真=PIXTA)

40代はややお金に余裕も生まれる年代なので、買い物や旅行を楽しむ人も多いのではないでしょうか。そういった層におすすめしたいのが、女性を意識した特典が付いたカードです。

WEB申し込み限定の「JCB CARD W plus L」 は、買い物や海外旅行好きの女性に向いています。年会費が無料にもかかわらず、最高100万円の海外ショッピング補償保険と最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付いています。

会員専用の女性疾病保険も充実していて、オプションで選ぶことができます。カードの申し込みは39歳以下に限られていますが、40歳以降になっても年会費無料のまま継続できるというメリットがあります。

「三井住友アミティエカード」 も買い物や旅行を楽しみたい女性に適したもので、補償が充実しています。ショッピング補償は海外での利用だけでなく、国内での分割払いなどで年間100万円までが対象となります。旅行傷害保険も充実し、海外旅行は最高2,500万円、国内旅行は最高2,000万円が付帯されています。

ネット申し込みをすれば、初年度会費は無料です。次年度からは税抜1,250円ですが、カード利用明細書のWEBサービスを利用することで税抜500円が割引されます。

>>「JCB CARD W plus L」の詳細を見る(公式サイトへ)

>>「三井住友カード アミティエ」の詳細を見る(公式サイトへ)

現在よりワンランク上のステータスカードも40代ならでは

(写真=PIXTA)

40代としてステータスを重視したいのであれば、もうワンランク上の国際ブランドカードに挑戦してください。安心感や社会的信用力だけでなく、現実的なメリットが備わっています。カードの利用限度額についても、一般的にステータスが上がれば限度額もアップします。

「三井住友VISAクラシックカードA」は、発行されている一般カードの中では認知度・信頼度ともにかなり高レベルに属します。ネット入会で初年度会費は無料となり、税抜1,500円となる次年度会費もカード利用明細書のWEBサービスを利用すれば税抜500円の割引が適用されます。

年間100万円のショッピング補償があり、海外だけでなく国内でも条件によって対象となります。最高2,500万円の海外旅行傷害保険や最高2,000万円の国内旅行傷害保険が付いていて、それぞれ300万円分はカードを使わなくても支払われる自動付帯となります。

1度は持ってみたいラクジュアリーブランドのアメリカン・エキスプレス・カードも、セゾンカードが発行元の「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」ならばリーズナブルに保有できます。券面にはアメリカン・エキスプレスのデザインやロゴが施され、特別感が味わえます。

初年度会費は無料で次年度以降は税抜3,000円となり、26歳になるまで年会費無料の特典があります。ポイントや優待などセゾンカードの特典が付加されるのをはじめ、アメリカン・エキスプレス・カードの専用サイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を通じて会員限定の買い物や食事、宿泊などの優待特典を利用できます。

空港や旅行におけるサービスが充実していることも大きな特長で、空港ロビー内の専用カウンターで手荷物の無料宅配サービスが受けられます。年間100万円までのショッピング補償が付き、海外旅行・国内旅行とも最高3,000万円までの傷害保険を付帯しているうえ海外旅行は自動付帯という手厚さです。

>>「三井住友カード A 」の詳細を見る(公式サイトへ)

>>「セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス」の詳細を見る(公式サイトへ)

低年会費でゴールドカードが欲しい人におすすめ

(写真=Valeri Potapova/Shutterstock.com)

40代らしくゴールドカードを持ちたいけれど年会費の出費が気になるという人には、低価格で保有できるゴールドカードもあります。ステータスだけでなく、会費に見合ったサービスも伴っています。

「楽天ゴールドカード」は年会費が税込2,200円と、手軽に持てるゴールドカードです。国内主要空港に加え、ハワイや韓国の国際空港ラウンジを年2回まで無料で利用することができます。空港ラウンジの無料利用はステータスが高いカードのみに付いた特典ですので、旅行好きや出張が多い人にはおすすめです。

ETCカードの年会費が無料になったり、楽天市場でのポイントが最大5倍になったりと、ゴールドカードならではの特典もあります。また個人差はあるものの、カード利用限度額は最高200万円とかなり高額に設定されています。

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は税込1,986円と安価な年会費にもかかわらず、ポイント付与率が上乗せされるのをはじめ、年会費無料の一般カードにはない特典が満載です。最大100万円のショッピング補償に加え、最高2,000万円の海外旅行傷害保険と最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付いています。海外はカードを利用しなくても全額カバーされる自動付帯で、コストパフォーマンスの高さが感じられます。

福利厚生サービス「Orico Club Off」の利用特典もあり、国内・海外の宿泊施設やテーマパークなどを会員限定価格で使うことが可能です。さらにMastercardを選べばブランド特典として、同カードがプレミアム会員向けに提供している高級レストランでの優待や海外旅行向けの特別サービスを受けることができます。

>>「楽天ゴールドカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

クレジットカードが持つ価値を理解し活用できる年代

(写真=PIXTA)

年齢を重ねると社会的な判断力が増すため、クレジットカードが持つ本来の価値を理解し活用できるようになります。目先のお得さに惑わされず、40代にとって実用性があり、本当の意味でコストパフォーマンスが高いカードを選んでください。

文・渡辺友絵(ライター・編集者)

【◯◯ペイってどう?主要サービス紹介】
PayPay、LINE Pay、メルペイ、スマホ決済市場で成長し続ける3社のユーザー数を比較
「楽天ペイ」のチャージはどうやるの?クレジットカードなしでも使える?
d払いとiD払いの違いをわかりやすく比較!お得なのはどっち?


【クレジットカードをもっと知る】
ポイントの貯まりやすさで選ぶ!おすすめクレジットカード3選
若い頃とは違う!40代の持つべきクレジットカードとは?
クレジットカード払いした時の家計簿、ラクで賢い管理方法のコツは?


【キャッシュレス入門編】
キャッシュレス決済は大きく分けて3種類!それぞれのメリット・デメリットとは
実はこんなに!?キャッシュレス決済の種類一覧&おすすめの選び方
キャッシュレス生活の始め方!自分に合う方法はどれ?
PREV 海外移住者は今後も増加?再度おさらい、メリットとデメリット
NEXT 怒りや不安さえも静める「アウトプットノート」の作り方

続きを読む






Feature