ライフ
2019/09/21

体にやさしい健康住宅って?健やかな暮らしができる住宅を作る

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
住宅は長い時間を過ごす場所です。家族全員が健康な毎日を過ごすためにも、できるだけ体にやさしく、健康な家をつくりたいと望む人は多いでしょう。しかし体にやさしい健康住宅とはどのような住宅を指すのでしょうか。健康住宅のつくり方を紹介します。

健康住宅について

近年、健康住宅という言葉を目にするようになりましたが、これには明確な定義がありません。一般的には、シックハウスに配慮した家のことを指す場合が多い傾向です。しかし最近ではヒートショック対策として高気密・高断熱性能を備えるなど、「そこに住む人の健康に害がない家」を含めて健康住宅ということが増えてきました。

場合によっては、地球環境に配慮した家、湿度調節機能などで家自体の健康を保てる家も健康住宅と呼ばれることもあります。

シックハウスに配慮した健康住宅

シックハウス症候群は、建材や家具から放散される化学物質、ハウスダストなどが原因で、のどの痛み、めまい、吐き気といった症状を引き起こす健康被害を指します。シックハウスは、2003年に施行された改正建築基準法によって対策が行われました。これから注文住宅を建てるのであれば、住宅会社と相談しながらシックハウス対策が十分な住宅をつくれるでしょう。

近年注目の高断熱住宅

近年では、シックハウス対策のみならず、室内の温度差によるヒートショックを防ぐ高断熱住宅にも注目が集まっています。ヒートショックとは、急激な温度の変化で血圧が大きく上下することで引き起こされる疾患のことです。浴室やトイレなど、住宅内でも温度差が激しくなる場所でヒートショックを原因として高齢者が死亡するケースが多々見られます。

高気密・高断熱住宅で室内の温度差を限りなく小さくすることで、ヒートショックによる健康への被害を防げます。

これからの健康住宅のポイントは高断熱

寒さは、時に死亡につながる健康リスクを生みます。ヒートショックを原因とする脳卒中や心筋梗塞は、その最たる例です。室内の寒さによって肺の抵抗力が弱まり、肺感染症リスクも増大することが分かっています。英国保健省の冬季室内温度指針では、昼間のリビングの最低推奨室温を21度、夜間の寝室の最低推奨室温を18度と定めています。

16度未満になると呼吸器系疾患のリスクが高まり、9~12度になると血圧が上昇して心臓血管疾患のリスクが高まってしまうためです。
1 2
Page 1 of 2
PREV 京都生まれ・京都限定のタピオカ人気店3選
NEXT ピンクの特別催告状は今すぐ対応!国民年金未納は損だらけ

続きを読む






Feature