ライフ
2019/07/13

この人ヤバイ……うっかり踏んだ「地雷ママ」とのガチバトル体験談

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
子どもを通して知り合うママ友の中に、必ず一人はいると言われる「地雷ママ」。一癖も二癖もある言動で、周囲をトラブルに巻き込む要注意人物です。実際に遭遇した人の体験談をもとに、地雷要素を見分けるコツや上手な避け方をアドバイスします。

個人情報まき散らし系ママ

「初対面の人にも『旦那さんどこに勤めてるの?うちは〇〇に勤務してて~』とグイグイくるママ友。しかも『〇〇さんちは〇〇にお勤めなの』とあちこちでしゃべっているみたいです」(32歳・パート主婦)

やたらプライバシーに踏み込んでくるタイプは要注意。特に夫の勤め先を自慢するママは、相手を「自分より下」と判断するのか、態度が横柄になります。ちなみにこの女性は「普通の会社の平社員なんです~」と答え続けて乗り切ったそうです。

おけいこ教室を仕切るボス系ママ

「娘が通っていたグループレッスンのピアノ教室に『ボスママ』がいました。発表会の前に『あの子は下手だからうちの子と連弾させないで!』と先生に要求。一度やんわり抗議したら、誰も口をきいてくれなくなり、個人レッスンに変わりました」(33歳・専業主婦)

ボスママの子どもに「一番いい役」を回すのが暗黙のルールになっている教室もあります。知らずにルールを破ると親子ともども仲間外れにされる可能性も……。事前に人間関係をリサーチしておきましょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV 「大人のADHD」特徴や職場で注意すべきコミュニケーション3つのポイント
NEXT セブン銀行ATMから振込できる銀行は?手数料が二重にかかるので要注意!

続きを読む