ライフ
2019/07/10

「楽天ペイ」のチャージはどうやるの?クレジットカードなしでも使える?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
スマホアプリを使ったキャッシュレス決済方法である「楽天ペイ」は、基本的にクレジットカードと連動する後払い決済です。今年の3月に行われたアップデートでは「楽天カード」での事前チャージも可能となり、フリマサービス「ラクマ」の売上金を個人間送金もできるようになりました。「楽天ペイ」のチャージ方法や支払い方法、上限金額などについて紹介します。

楽天ペイはクレジットカードの事前登録が基本

(写真=PIXTA)

「楽天ペイ」は利用前にチャージするのではなく、スマートフォンの専用アプリとクレジットカードを紐付けて請求後にカード会社に一括払いするのが基本です。まずスマホにアプリをダウンロードし、楽天会員IDでログインしてから利用します。

クレジットカードの登録が必要なので、未登録の場合は事前に設定してください。楽天の会員情報に複数のクレジットカードを登録している人は、「楽天ペイ」で使うカードをその中から選ぶことができます。

「楽天カード」を使えば「楽天ペイ」への事前チャージが可能

(写真=PIXTA)

「楽天ペイ」はクレジットカードで支払いますが、利用可能なのは「楽天カード」と、基本的に「VISA」「Mastercard」が付いたカードに限られています。「JCB」「American Express」「Diners」などのブランドは、「楽天カード」でないと使えません。「楽天ペイ」で使った代金は、「楽天ペイ」に登録したクレジットカードの支払いと合わせて口座から引き落とされます。

また、今年3月に行なわれた「楽天ペイ」のアップデートにより、「楽天カード」を使えば楽天グループで使える電子マネーの「楽天キャッシュ」に事前チャージできるようになりました。「楽天キャッシュ」は楽天市場や楽天トラベル、フリマサービス「ラクマ」をはじめとするネット決済や、「楽天ペイ」に加盟する実店舗などで幅広く利用できます。いったん「楽天キャッシュ」にチャージした残高を、「楽天ペイ」を経由して使う仕組みだと考えてください。

貯めたポイントで支払うことも可能で、利用期限が短く無駄になりがちな期間限定ポイントの消化にも役立ちます。事前に設定することでポイントと「楽天キャッシュ」との利用優先順位を選べたり、両方を組み合わせたりして決済することができます。

「ラクマ」売上金など電子マネーの個人間送金機能が付いて便利に

(写真=PIXTA)

以前から「ラクマ」では、出品者の売上金を実店舗での支払いにも使える「楽天キャッシュ」に手数料無料でチャージできるようにしています。アップデート後の「楽天ペイ」は「楽天カード」から「楽天キャッシュ」へのチャージが可能となったのに加え、「楽天キャッシュ」を個人間で送り合える機能が新たに搭載されました。

これにより、「ラクマ」の売上金に加え、「楽天カード」でチャージした「楽天キャッシュ」を個人間で送り合うことが可能です。友だちとの割り勘金額も端数まで送金し合えるなど、とても便利になりました。

クレジットカードを持っていなければデビットカードで

(写真=PIXTA)

「楽天ペイ」は基本的にクレジットカードを使った後払い決済なのですが、一部の例外として銀行口座と連動したデビットカードも使えます。楽天銀行のデビットカードに限らず、「VISA」「Mastercard」のブランドが付いているデビットカードであれば利用できます。

使うたびに口座から引き落とされるデビットカードは、金融口座を保有している16歳以上ならば誰でも申し込めて難しい審査もありません。クレジットカードを持ちたくない人や持っていない人、未成年や学生などにとって便利な決済方法です。

「楽天ペイ」の使い方と利用上限金額 

(写真=PIXTA)

ネットショップでも使えポイント付与率は実店舗の2倍

「楽天ペイ」はファミリーマートやローソンなどのコンビニをはじめ、松屋、丸善などで利用できて加盟店も増えつつあります。ただ、マクドナルドなど親和性が高そうなファストフード店やファミレスへの浸透はこれからといえるでしょう。

実店舗では、まずレジのスタッフに「楽天ペイ」を利用することを伝えましょう。店舗の端末で発行されるQRコードやバーコードを自分で読み込んだり、提示したアプリをスタッフが読み取ったりして使います。位置情報から自分で店舗を選択し、金額を入力して決済後にレジで完了画面を見せる方法もあります。

「楽天ペイ」と連携しているオンライン店舗でも使え、食品、ファッション、コスメなど5,000以上のネットショップで利用することが可能です。ショップの決済画面で「楽天ペイ」を選択してから「楽天ペイ」サイトで注文を確認し、登録している楽天IDとPWでログインして支払います。クレジットカード情報や配送情報はすでに会員情報として登録済みのため、クレジットカード番号や配送先などを入力する必要はなく手軽です。

ネットショップで「楽天ペイ」を使うと、100円につき1ポイントがもらえます。実店舗の2倍にあたる付与率であり、とてもお得といえるでしょう。

コンビニの利用上限金額は1日当たり4,000円とやや低め

「楽天ペイ」の利用上限金額は楽天IDの会員ランクやクレジットカードの利用可能枠、店舗によって異なるものの、1回につき最大50万円です。1回あたりに利用可能なポイント数も条件により変わりますが、最大3万ポイントとなります。

ただしコンビニでは1日あたりの上限金額が4,000円、ポイント数も最大4,000ポイントに設定されています。加盟店により利用条件が異なる場合もあるため、利用する前に確認しておきましょう。

ポイントのダブル獲得や期限内消化などお得で便利

(写真=PIXTA)

「楽天ペイ」はクレジットカードによる支払いや「楽天カード」からのチャージが基本のため、クレジットカードのポイントが貯まります。「楽天ペイ」を使った時にも利用ポイントが獲得できることから、他の決済手法に比べるとポイントが貯まるスピードがかなり早いといえるでしょう。

現金からのチャージができないのが欠点とはいえますが、アップデートした「楽天ペイ」ではチャージ式電子マネーの「楽天Edy」を統合的に利用することが可能となりました。まだAndroid端末だけの対応なものの、「楽天ペイ」を通じて「楽天Edy」による支払いも試してみてはいかがでしょうか。

文・渡辺友絵(ライター・編集者)

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まるコツ5つ
「いつもお金がない人」5つの行動
お金持ちの「貯まる特徴」3つ
お金を増やしたい人へ。3つの方法
将来お金持ちになる男性の共通点5つ
PREV 主婦は見た!思わずまわりもドン引きしてしまうママ友の行動
NEXT 日本は世界一貧富の差が小さい国。貧富の差が最も大きい国は……

続きを読む