ライフ
2019/05/30

いくら借りられる?住宅ローンのセミナーで学べること

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
住宅ローンを利用しようと決めたとき、まずどこに住宅ローンの相談を行えばよいのか迷うところです。住宅ローンの利用についての相談は、金融機関の窓口以外でも行えます。ここでは、住宅ローンについて詳しく知りたいときの相談先について紹介します。

住宅ローンを利用したい!まずどこで相談する? 

住宅ローンを利用する前に、「わが家の収入ではどのくらいの金額が借りられるのか」「返済計画はどうなるのか」など、じっくり聞いておきたいものです。そんなときには、住宅ローン相談会やセミナーなどで相談してみましょう。

住宅ローンセミナー

いきなり金融機関の窓口に行くのは気が引けるという人は、住宅ローンのセミナーへ足を運んでみましょう。住宅ローンセミナーは、金融機関だけでなく、住宅会社やファイナンシャルプランナーが主催し開催していることもあります。住宅ローンセミナーでは、下記のようなことが学べます。
  • 住宅ローンの借り方
  • 家を建てるための資金の貯め方
  • 返済中の家計の収支
  • 戸建ての暮らしの中でかかるお金について
セミナーに申し込む前に、どのようなことを学べるのか確認しておきましょう。

住宅ローン相談会

住宅ローンセミナーと似たものに、金融機関や住宅会社が開催している住宅ローン相談会があります。事前申し込みが必要なものから、住宅展示場やモデルルームで行われるものまで相談会のタイプはさまざまです。個別相談会では、相談者一人ひとりの状況から、具体的な返済プランまで提案してもらうことが期待できるでしょう。

「どのくらいの住宅ローンが借りられるのか」「購入予算はいくらまで考えられるのか」など、まず知りたいという方は、個別相談会に行ってみるのもよいでしょう。

住宅ローンセミナー・相談会の前にチェックしておくこと

住宅ローンセミナーや相談会の内容は同じものばかりではありません。例えば、下記のような悩みを持っている人におすすめです。
  • これから資金を貯める人
  • 土地を探す人
  • 住宅ローン返済中の生活費が気になる人
自分の今の悩みはどのようなことなのか改めて書き出し、自分の悩みに答えてくれそうなセミナーや相談会を探して、申し込んでみましょう。住宅ローンで、いくらまで借りられるのか知りたい人は、世帯収入や貯蓄額、毎月の収支などをまとめてから行くとより具体的なアドバイスが受けられるでしょう。

住宅ローンを借りるタイミングはいつ?

住宅ローンの審査には、仮審査(事前審査)と本審査があります。土地と、家を建ててくれる住宅会社が見つかったら、金融機関で住宅ローンの仮審査を申し込みましょう。仮審査には、本人確認のための資料(運転免許証など)、源泉徴収票など収入が分かる資料、物件に関する資料が必要です。仮審査は、約1週間で結果が出ます。仮審査を通過したら、いよいよ本審査です。

本審査を通過後、融資が実行されます。注文住宅では、建築費を数回に分けて住宅会社に支払うことが必要です。そのため、住宅完成前の支払いをすべて自己資金で賄えない場合には、つなぎ融資が必要になります。住宅ローンの申し込みから融資実行までの流れや、つなぎ融資について詳しくはこちらをご覧ください。
1 2
Page 1 of 2
PREV 老後はマンションに買い替えるべき?検討すべき点とは
NEXT ペットを飼っている人必見!一緒に旅行ができるホテルやかかる費用は?

続きを読む

Feature