ライフ
2019/04/08

「敷金は戻ってこない」は嘘?知っておきたい賃貸の原則

「少額訴訟」でトラブルが解決することも

しかし、入居者の過失や経年変化の判断は難しく、家主側と意見が食い違うことも。交渉しても十分な敷金が戻ってこない場合は、簡易裁判所に「少額訴訟」を申し立てる方法があります。手続きは申請書類に記入して提出するだけ。審理は1時間ほどで終わり、即日判決が出ます。事前に、家主からの請求書などの証拠書類をそろえておくと、よりスムーズです。

敷金トラブルは、入居時の室内チェックで防ごう!

退去時の敷金トラブルを防ぐためにも、入居時には契約内容をよく確認し、担当者と一緒に室内を点検しておくようにしましょう。建具の不具合やキズ、汚れなど、気になる部分は念のためスマホなどで撮影し、証拠として残しておくのもおすすめです。

文・三井香織

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まるコツ5つ
「いつもお金がない人」5つの行動
お金持ちの「貯まる特徴」3つ
お金を増やしたい人へ。3つの方法
財布選びで意識したい「風水」
1 2
Page 2 of 2
PREV なぜ日本では「印鑑」が重視されるのか
NEXT パートの手取り額を簡単に計算する4つのポイント

続きを読む

Feature