ライフ
2019/02/23

大手コンビニ2社で使える、便利な「コード型」スマホ決済サービス5選

(写真=aijiro/Shutterstock.com)
(写真=aijiro/Shutterstock.com)
最近、「PayPay」や「LINE Pay」など、スマホ画面上のQRコードやバーコードを読み取る「コード型」のキャッシュレス決済サービスが注目されています。数多くの決済サービスがありますが、今回はその中からコンビニ大手「ファミリーマート」と「ローソン」のどちらでも使える、便利なコード型決済サービスを5つご紹介します。

「コード型スマホ決済サービス」とは?

スマホを使ったキャッシュレス決済サービスは、大きく2つに分類されます。

一つ目は以前から普及している「おサイフケータイ」機能を利用した「非接触型」と呼ばれる決済サービスで、「モバイルSuica」や「nanacoモバイル」などでおなじみです。支払うときはレジ横の読み取り機にスマホをかざすだけ。アプリを立ち上げる必要もなく、簡単に決済できます。

二つ目が、今回ご紹介する「コード型」のスマホ決済サービスです。「非接触型」サービスが「おサイフケータイ」対応の機種に限定されるのに対し、「コード型」はスマホの機種を選ばず、アプリをダウンロードするだけで利用できるのが特徴。店側にとっても、「非接触型」のような専用読み取り機を設置する必要がなく導入コストが少ないため、今後一気に普及が進む可能性があります。

代表的なコード型決済サービスを見てみましょう。

PayPay(ペイペイ)

Yahoo!とSoftBankの共同出資により運営されている決済サービスです。2018年末に実施された「100億円あげちゃうキャンペーン」のような、還元率の高いキャンペーンが大きな話題を集めました。多くの家電量販店が加盟していることでも知られ、パソコンなど高額家電を購入する機会の多い人から支持を集めています。銀行口座などからチャージしておくプリペイド方式と、クレジットカードと連携するポストペイ方式の、どちらでも選べます。

向いている人:還元率を重視する人
1 2
Page 1 of 2
PREV マイホーム購入するならマンションvs一戸建てどちらがいい?
NEXT 企業がネットで炎上を起こした場合に背負うコストとは

続きを読む