ライフ
2019/01/09

近隣トラブルに発展することも!マンションでペットを飼うときの注意点

(写真=Chendongshan/Shutterstock.com)
(写真=Chendongshan/Shutterstock.com)
最近は賃貸マンションでもペットを飼う独身女性が増えているようです。自由気ままな行動をする猫たちと一緒にくつろぐことができる「猫カフェ」もまだまだ人気で、ペットに癒やしを求める女性が多いことがうかがえます。

そこで今回は、マンションでペットを飼う際に注意するべきことを紹介します。

まずはペットの飼育が可能なマンションか確認

(写真=Oksana Shufrych/Shutterstock.com)

マンションでペットを飼うには、まず「ペット飼育可」「ペット相談可」など条件に合う物件であることが必要です。ペット飼育禁止のマンションでこっそり飼うことは、後々大きなトラブルにつながる可能性がありますので、注意しましょう。

管理規約をチェック

マンションがペット飼育可能の場合でも、管理規約を必ず確認しましょう。飼育の際のルールを定めているケースもあるので、これに沿って飼育することになります。

飼育できるペットの種類

ペットといえば、犬や猫に限らずさまざまな生き物が考えられます。哺乳類だけではなく爬虫類を飼っている人も少なくありません。また、飼育できる頭数が制限されていることもあります。どのようなルールがあるか、事前にしっかりチェックしておきましょう。

部屋の中で注意すべきこと

(写真=Sergey Zaykov/Shutterstock.com)

ペット飼育が可能なマンションでも、お隣や下の階に住んでいる人に迷惑はかけられません。犬と猫に限定して、部屋でペットを飼うときに注意すべきポイントを見ていきます。

ペットの鳴き声

マンション、戸建てを問わず、ペットの鳴き声やほえる声はもっとも注意すべきことかもしれません。無駄ぼえなどは、隣人に限らず、周辺住人にも迷惑をかけることになります。しつけをしっかりするなど、事前に対策を考えておきましょう。

ペットの足音

ペットの足音は意外と階下に響くことがあります。特にフローリングの場合、ペットの爪が当たる「カチャカチャ」という音がして、大型のペットになればなるほど響く可能性があります。

また、ペットが高いところからジャンプし、床に着地して遊ぶようなこともあるでしょう。小型のペットなら影響はなさそうですが、やはり大型のペットになると、階下で着地音が気になる可能性があります。

ペットが遊ぶ場所には、コルクマットやじゅうたんを敷き、部屋の中では激しい遊びを控えるなどの対策を検討しましょう。

ペットの臭い

ペットの臭いが外部にもれると迷惑がかかることがあります。例えば、ペットのトイレをベランダに置いている場合、臭いが近隣に漂ってしまう可能性があります。

また、部屋からペット特有の臭いが自然と出てしまうこともあります。ペットの排泄物の処理方法や消臭方法はしっかり検討すべき事項です。マンションの管理人に適切な方法を確認したり、ほかの住人にアドバイスをもらったりするなどして対策をとりましょう。

ペットが原因の傷

ペットが爪を立てたり、引っかいたりして床や壁、ドアなどに傷がつく可能性があります。傷をつけてしまいそうな場所にはあらかじめ、カバーを付けるなど予防策をとる必要があるでしょう。

特に賃貸の場合は、ペット飼育可であっても、退去時の取り決めがどのようになっているか確認する必要があります。ペット飼育が可能なことと、部屋の修繕責任は別の問題です。退去時の修繕はどのように行うのか、事前に契約内容を確認しておきましょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV 婚活アプリでも使える、ベストパートナーを見つけるための統計学
NEXT 「年収1億円」か「愛」か。アメリカ人の5割が金銭重視

続きを読む