ライフ
2018/12/21

紀平梨花に続け!注目すべき日本の10代女子フィギュアスケーター3選

(写真=Sergey Nivens/Shutterstock.com)
(写真=Sergey Nivens/Shutterstock.com)
16歳の新生・紀平梨花選手が2018年グランプリファイナルで初出場・初優勝を遂げ、熱く盛り上がるフィギュア界。全日本フィギュアスケート選手権で活躍が期待される日本の10代女子フィギュアスケーター3人をピックアップしてみました。

金メダルに最も近い16歳、紀平梨花選手

シニア1年目のNHK杯で初優勝。続くフランス大会、そしてグランプリファイナルでも優勝と負け知らずの紀平梨花選手は、全日本でも金メダルに最も近い人物です。

精度の高いトリプルアクセルをこなすことから天才型と思われがちですが、人一倍努力を重ねてきた人物なのだとか。共同通信社の記事(2018年12月10日付)によると、その練習量は修学旅行や卒業式をパスしてまで時間を費やすほど。ネット通信制の高校を選び、スケート主体の学生生活を送っているようです。今後も前人未到の活躍を見せてくれそうですね。

天真爛漫な平昌五輪代表、坂本花織選手

グランプリファイナル初出場で4位に輝いた坂本花織選手。産経新聞(2018年12月10日付)によると「爆発的なものは持っていないので地道にこつこつ上げていきたい」と語るなど、天真爛漫な笑顔とは裏腹に、18歳にして自らを客観視する姿勢が印象的です。

また、Canonのインタビュー(2018年1月付)で、幼少期から練習を共にしてきた三原舞依選手へのライバル心を堂々と明かすなど、素直さと負けん気の強さが光る坂本選手。平昌五輪では6位に終わりましたが、得意のジャンプを武器に4年後に向けて連続出場を目指しているようです。
1 2
Page 1 of 2
PREV 100均グッズで手軽にスパ気分!至福の時間をおうちで実現
NEXT お金持ちの「7つの習慣」お金がない人とのちょっとした差とは

続きを読む

Feature