ライフ
2018/09/29

40代おひとりさまこそ「終活」を。エンディングノートを書くポイントとは?

(写真=LStockStudio/Shutterstock.com)
(写真=LStockStudio/Shutterstock.com)
終活はお年寄りやお金持ちがするものと思っている人が多いようですが、実は40代こそ終活をスタートさせる絶好のタイミングなのです。40代から始めておくとメリットがたくさんあります。

今回は、終活を早期からするメリットや、エンディングノートの書き方をお伝えします。

40代の終活で自己資産を把握、未来の家計状況を予想

(写真=Jacob Lund/Shutterstock.com)

まずは、終活の基本を押さえておきましょう。

そもそも終活とは、簡単にいえば自分が亡くなったり認知症になったりした時を想定した「事前の情報整理と意思表示」をすることです。財産は〇〇に〇円ある、これで〇〇施設に入れてほしい、〇〇のお墓に入れてほしい……などです。

「人生100年時代に何を言っているの?自分が亡くなるなんてまだまだ先」と思われるかもしれません。確かにそうなのですが、大切なのは終活のプロセスを一度、体験することにあります。

人生の折り返し地点で過去を振り返り、未来を考える

(写真=Dragon Images/Shutterstock.com)

終活をする時はまず、「亡くなる時、どんな最後を迎えたいか」を考えておく必要があります。その上で、何にいくら必要かを考え、資金計画を立てる必要があります。ここまでであればライフプランを考えるのと一緒なのですが、終活ではさらに、家族に分かりやすいように資産の状況をまとめ、またお金が残るような生活を送っておくことも大切になります。

定年の時期までに十分、資産形成できそうなら、さらに「相続税対策」も必要になります。おひとりさまの場合、老後に誰に面倒を見てもらうのか?ということや、財産を誰に相続するのか?を考えることも大切でしょう。

40代であれば人生まだまだこれからです。人脈を新たに作ることもできるでしょうし、パートナーを探すことだってできるでしょう。相続税対策を始めてもよいです。もちろん、老後資金が足りないならこれから準備をしていきましょう。

一方、どうしても40歳を超えるような年齢にならないと「自分の老後や末期」はイメージできないのが普通です。このため、40代からの終活は「もっとも早い時期からの準備開始」といえます。きっと周囲に、一人や二人は同様に陰で準備を始めている方もいるでしょうから、マネしてあなたも準備を始めましょう。

エンディングノートの基本的な書き方

(写真=Sureeporn Teerasatean/Shutterstock.com)

エンディングノートの基本的な書き方を紹介します。終活のエンディングノートでまとめておくべき情報は、大きく以下のポイントになります。
  • お金や財産、荷物に関すること(利用中のウェブサービスなども含む)
  • 自身の身の振り方、扱い方に関すること
  • 介護やお墓、相続に関すること
  • 家族や関係者へのお願い
さらに、40代シングル女性のエンディングノートには、以下の項目を追加しましょう。
  • 定年後の暮らし方、働き方(働き口)
  • 定年までの収支計算、定年時の想定資産額
いずれにしても、特に「お金に関すること」が重要です。お金が残りそうにないにもかかわらず「〇〇施設に入りたい。誰々に〇円あげる」などと書き残しても、関係者は困るだけですからね。

これからの人生で、エンディングノートに書いた内容を実現できるよう動いていくことも大切です。エンディング時にいくらお金が必要で、老後生活ではいくら必要なのか、そのために今は何をどうすべきか……と、人生の最後から逆算して考えます。

40代の終活とは、つまりライフプランの作成

40代から始める終活のポイントは「内容は途中で変えてもいい」という点です。初めて書くときには「仮置き程度の気持ち」で書いておき、数年に一度は内容を見直します。これをひとまず定年頃まで繰り返せば、その頃には相当に明確な老後対策ができているでしょう。

終活の元になるのは「どんな最後を迎えたいか」ですから、まずはその時の状況をできるだけイメージしてみましょう。

40代からの終活とは、早い話が変形版の「ライフプラン作成」です。今後どんな人生を歩みたくて、そのためにはいくらお金が必要か……。

健康な限り仕事や趣味に打ち込みたい、事実婚をしてパートナーに看取られたい、友達に囲まれていたい、体が元気なうちに海外で暮らしてみたい……。ぜひ終活を通して、人生の最後を具体的に考えみてください。自分の希望が明らかになるだけでも、今、何をすべきか?を考えるきっかけになりますよ。

文・婚活FP山本(山本FPオフィス代表)

【こちらの記事もおすすめ】
もう?まだ?アラフォー独身女性が今から考えるべき「老後のお金」3つのポイント
豊かな老後を迎えるために、アラフォーが今すぐすべき3つのToDoリスト
独身女性が安心できる貯金額はいくら?漠然とした不安を解消する簡単な方法
一生独身かも…老後が不安なアラフォー女性のための、幸せ貯金計画
人生100年時代を生き抜く私たちに必要な「生涯学習」って?
PREV 使いやすい、見た目も◎!100均の優秀コスメ収納アイテム4選
NEXT 私にもできるかも!初心者向け仮想通貨取引所5選

続きを読む

Feature