ライフ
2019/02/05

無駄な買い物はもうしない!「100均」で買って後悔したもの3選

(写真=andriano.cz/Shutterstock.com)
(写真=andriano.cz/Shutterstock.com)
豊富なラインアップとリーズナブルな価格が魅力の100円ショップ。「これはおトク!」と飛びついて買ったものの、いざ使ってみると大失敗……。そんな経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

無駄な買い物をしないためにも、100均で買って後悔する商品とよい商品を見極めるコツを考えてみましょう。

ハサミ、カッター、皮むき器などの刃物

刃物は、文具や調理器具として日常的に使用するもの。筆者はハサミやカッター、皮むき器などのアイテムをつい100均で購入することが多いのですが、何度も失敗を繰り返しています。

100均のハサミは、単純に切れ味の悪いものに当たることが多いです。カッターは切れ味だけでなく、刃がもろく折れやすいことも。皮むき器は切れ味に満足しても芽取り部分が使いにくかったり、その逆のケースだったりと、何かしらの不満を感じることがあります。

刃物はけがの原因にもつながるため、品質を重視するのがベスト。専門店で購入することをおすすめします。

消しゴム、ボールペン、色鉛筆など大容量の文房具

数が必要な文房具は、5本セットなどの大容量なものに惹かれますよね。しかし、筆者の経験上、数に反比例するように品質は低下するように感じます。

消えない消しゴム、書けないボールペン、発色が悪すぎる色鉛筆……。使いようのないものが大量に増えると、お金だけでなくスペースの無駄にもなります。

筆者が100均の文房具を買うときの鉄則は、最も数の少ないものを選ぶこと。これだけで満足できるものに当たりやすくなりました。お得さを求めて2個入りなどに目が行きますが、やはり残念な結果になりやすいので、単品があればそちらを選ぶことをおすすめします。
 

透明、防水、伸縮性などバラエティー豊富なばんそうこう

ばんそうこうがあれば、靴ずれしたときや、けがをしたときの応急処置にも安心です。100均には透明タイプや防水タイプ、関節部分にも使いやすい伸縮タイプ、大容量タイプなどさまざまありますが、せっかく貼ってもすぐに剥がれてしまうことがあります。こちらもできるだけ数が少ないものや防水タイプを選び、剥がれにくくなる工夫をしてみましょう。
  1. 左右からテープ部分に切り込みを入れ、中央のパッド部分を残す
  2. 患部にパッドを当て、切り込みが入った4つに分かれたテープをクロスになるように左右から交互に貼る
これだけで剥がれにくくなるので、100均のばんそうこうを使うときは上手に工夫してみてはいかがでしょうか。

100均で無駄のない買い物を

100均は安く買い物ができて便利な反面、失敗のリスクも否めません。上手に見極めて、無駄のない買い物をしたいですね。

文・古賀令奈

【こちらの記事もおすすめ】
せこくない、苦しくない、続く「節約術」まとめ
これで10%オフ!デパコスのオトクな買い方3選
免税店でさらにお得に買い物する3つの裏ワザ
イオン系列の株主優待「徹底活用術」生活費を浮かせる3つのポイント
えっ、知らないの?ヨーロッパでオトクに買い物できる「デタックス」活用法
PREV ドライブレコーダーをつけるべき理由は「証拠になる」だけではない
NEXT コンビニだけじゃない!クオカードのお得な使い方

続きを読む

Feature