ライフ
2018/07/02

なぜ、小僧寿しの株価は「1カ月で60%も上昇」したのか?

(写真=ZUU online 編集部)
(写真=ZUU online 編集部)
4月最終週の東京株式市場は堅調に推移した。為替の円安、韓国と北朝鮮の首脳会談、海外投資家の買い等を後ろ盾に強気ペースの展開となった。4月27日の日経平均株価の終値は前週末比305円63銭高の2万2467円87銭で、週単位では5週連続の上昇となっている。

相場格言に「セル・イン・メイ(株は5月に売れ)」があるが、日経平均株価が2万2000円台前半をベースにさらなる上値を追うのか、それとも利益確定の売りに再び2万2000円を割り込むのか注目されるところだ。

ジャスダック「4月の上昇率」上位10銘柄

それでは、今回はジャスダック市場の「4月の上昇率」ランキングをみていこう。

(1)小僧寿し <9973> 122円 +60.53%
(2)ネクスグループ <6634> 576円 +49.22%
(3)ジャストプランニング <4287> 2860円 +47.04%
(4)佐藤食品工業 <2814> 2427円 +42.76%
(5)日本プリメックス <2795> 1206円 +40.07%
(6)プロパスト <3236> 312円 +32.77%
(7)五洋インテックス <7519> 309円 +32.05%
(8)SHINPO <5903> 1752円 +29.68%
(9)麻生フオームクリート <1730> 703円 +25.99%
(10)キャピタル・アセット・プランニング <3965> 5360円 +25.23%
※銘柄、証券コード、株価(27日終値)、上昇率。

4月最終週の日経ジャスダック平均株価は27日を除く4日間で上昇、東証マザーズ指数は5営業日連続高となった。日経平均株価が上昇し、全体相場が上向いたことで新興株式市場にも底入れムードが広がり始めたようだ。

上記ランキングでは上位5銘柄が40%を超える上昇率を示している。業種別では、卸売業と情報・通信業が各2銘柄、小売業、電気機器、食料品、不動産業、金属製品、建設業が各1銘柄となった。業種の偏りは見られず、独自材料を手掛かりとした個別物色の買いが先行したようだ。
1 2
Page 1 of 2
PREV 値下げどきが買いどき!通勤服はユニクロでそろえる
NEXT メルカリは米国市場で成功できるか?楽天は過去に失敗

続きを読む