ライフ
2020/06/21

給付金10万円の使い道、3位光熱費、2位日用品費、1位は?

(写真= lastpresent /stock.adobe.com)
(写真= lastpresent /stock.adobe.com)
新型コロナウイルスで深刻な影響を受けたことにより、1人当たり10万円の特別給付金の支給がはじまっています。対象となるのは、国籍を問わず、4月27日時点の住民基本台帳に記載されているすべての方です。支給された10万円は、皆さんどのように使うのでしょう。インターネット調査の結果をご紹介します。

消費?それとも貯蓄?

株式会社クロスマーケティング社は、新型コロナウイルスが消費者の行動や意識に、どのような影響を与えるか把握することを目的に調査を実施しています。対象は、日本国内在住の20歳~69歳の男女2,500人、調査期間は、2020年3月12日から2020年4月26日までです。第4回(4月24日~4月26日)は、緊急事態宣言が全国に拡大された後に実施された調査結果です。

新型コロナウイルスに対する不安を感じていますか?


・直近1週間の不安度
第1回調査(2020年3月12日~2020年3月13日):52.2%
第2回調査(2020年3月27日~2020年3月29日):60.4%
第3回調査(2020年4月13日~2020年4月14日):72.6%
第4回調査(2020年4月24日~2020年4月26日):71.4%

直近1週間の不安度は、第1回調査から徐々に増えて、第3、第4回調査では、約7割の方が不安を感じていると回答しています。性別年代別に詳細を見ると、30代男性と60代男性では、前回の第3回調査と比べて約10ポイント以上減少する調査結果となっています。

将来に対する不安度はというと、女性40代では前回より5.6%減少していますが、男性50代代では5.2%、女性20代では6.4%、それぞれ上昇しています。

給付されたお金はどのように使いますか?(当てはまるものすべて)

  • 消費・支払いに回す:71.6%
     (買い物などの消費やさまざまな費用の支払いなど)
  • 貯蓄に回す:36.8%
  • 親兄弟や子どもなど家族に贈る:4.4%
全体では、上位3項目は以上のようになります。男性と女性を比較すると、「貯蓄に回す」は女性の方が男性より6.3ポイント多くなっています。また男性、女性とも、年代が上がるにつれて「消費・支払いに回す」割合が高くなり、年代が下がるごとに「貯蓄に回す」割合が高くなっています。
 
 

具体的な使いみち

「消費・支払いに回す」方のうちで、10万円の具体的な使い道を答えていただく(当てはまるものすべて)項目では、上位から順に次のようになります。

1位、普段の食事:52.9%
2位、日用品:37.5%
3位、光熱費:21.9%
4位、通信費:17.6%
5位、家賃・ローン:16.2%
6位、外食:14.1%
7位、医療費・介護費:13.6%

外食は6位で14.1%、旅行のチケットは13位で7.2%、となり、上位は生活費の支出になっています。
 
1 2
Page 1 of 2
PREV お米をたべよう! みんな喜ぶ無農薬レトルト玄米で簡単&時短アレンジ料理教室を開催
NEXT パン屋さんに本屋さんも!「ひぐらしガーデン」で過ごす心地よい時間

続きを読む






Feature