ライフ
2020/05/29

ダイエット中でもお菓子が食べたい人に!手軽に買えるギルトフリーなスイーツ

疲れたときや、口寂しいときなど「甘いものを食べると元気になれる」とついついお菓子に手が伸びてしまう人も多いのではないでしょうか。そんなお菓子ですがあまりに高価だと毎日手軽には楽しめないし、糖質たっぷりだとダイエットや健康の敵になることも……。そこで今回は手に入れやすく、糖質オフの罪悪感なく食べられる(ギルトフリー)お菓子のシリーズをピックアップしてご紹介します。毎日の予算を決めて、その範囲内で楽しんでみてはいかがでしょうか?

そもそも糖質ってなに?

ダイエット中の人が気になるものといえば、摂取カロリーですよね。それに加えて気になるのが、糖質。数年前から「糖質オフ」という言葉を見かける機会も増えたのではないでしょうか?

ご飯やパン、麺類、じゃがいもなどの「炭水化物」は、糖質や食物繊維などからできています。ほかにも果物、砂糖や蜂蜜にも多く含まれる糖質は、体を動かすための大切な栄養素ですが、エネルギーとして使われないと脂肪として蓄積されてしまうのだとか。

糖質の平均摂取目安量(成人)は1日300グラムとされています(「日本人の食事摂取基準2015年度版」より)。ご飯(茶碗小盛り1杯)150グラムに含まれる糖質の量は約55グラム、スパゲッティ(乾麺)80グラムには約57グラム含まれるなど、気にかけていないとオーバーしがちな栄養素ともいえますね。

そこで、近年増えているのが糖質オフの食品やお菓子。特に、甘いものを食べたいけれど糖質は控えたいという人にぴったりのお菓子シリーズがたくさん登場しています。ここからは、人気のシリーズからとっておきのお菓子をご紹介していきます。

グリコ「SUNAO」

お菓子売り場でよく見かけるグリコのお菓子。そんなグリコからは「SUNAO」シリーズが販売されています。

従来のアイスやビスケットに比べ糖質が「40~50%オフ」、「豆乳使用」、「食物繊維がたっぷり」と3つのこだわりが詰まったお菓子シリーズです。

バニラソフト


バニラソフトは、コーンの中までアイスがたっぷり詰まっていて食べ応え抜群!コクとバニラの風味を感じられるアイスです。

分類はアイスクリームの次に乳固形分と乳脂肪分の配合が多い「アイスミルク」になります。バニラソフトは、口の中に甘みが広がりますが後味はすっきりしているのが特徴です。

1個(内容量170ミリリットル)あたり、エネルギーは120キロカロリー、糖質は9.9グラムです。

【商品情報】
商品名:SUNAO<バニラソフト>
価格:オープン価格

ビスケット(発酵バター)


口の中に入れた瞬間、ふわっとバターの芳醇な香りが鼻を抜けるビスケット。サクサクとした食感&控えめな甘さで、多くの人に愛される味となっています。小さめサイズのビスケットが15枚(目安)入っているので、たくさん食べた!と満足感も得られそう。

1袋(31グラム)あたり、エネルギーは154キロカロリー、脂質は9.9グラムです。

【商品情報】
商品名:SUNAOビスケット(発酵バター 2袋入り)
価格:オープン価格

SUNAOからはこのほかにもカップアイス、クリームサンド、プリンなども販売されています。2020年4月6、7日には新商品が発売され、一部商品がリニューアル!

ローソン「ナチュラルローソン菓子」

全国に約1万5,000店舗を展開するローソンからは「ナチュラルローソン菓子」シリーズが販売されています。

「エネルギー200キロカロリー以下」「糖質10グラム以下」「塩分0.5グラム以下」のいずれかの基準を満たしているお菓子シリーズ。ローソン・ナチュラルローソンでしか買うことのできないオリジナル商品です。

パリパリ食感の枝豆チップス


野菜を食べたい!という欲を満たしてくれる「パリパリ食感の枝豆チップス」。商品名の通り、パリッとした食感が楽しい野菜チップスは、枝豆の旨味がぎゅっと詰まっていて食べる手が止まらなくなりますよ。

1袋(38グラム)あたり、エネルギーは154キロカロリー、糖質は8.7グラムです。

【商品情報】
商品名:パリパリ食感の枝豆チップス
価格:148円(税込)
1 2
Page 1 of 2
PREV 鈍感なはずの彼氏が…思ったことをはっきりと言われて傷ついた瞬間
NEXT ハワイ好き必見!今こそおうちでアロハプログラムでもっとハワイを知ろう!

続きを読む






Feature