ライフ
2020/05/22

大人のメリハリをON。春夏のお洒落に差が付く「ブラックアイテム」の採り入れ方

出典:WEAR
出典:WEAR
暖かい季節はペールカラーやベージュなど柔らかな淡色のアイテムをコーデに採り入れがちですが、同時に野暮見えのリスクも高まります。そこで上手に活用したいのが、どんな色でも合わせやすく、コーデバランスにメリハリをつけてくれる“ブラック”のアイテムです。それでは春夏のお洒落に差が付く採り入れ方をチェックしてみましょう。

きれいめカラーの“引き立て役”に

今シーズン注目のきれいめカラーの個性を引き立てつつも落ち着き感をプラスしてくれるブラックは失敗知らずのバランスの良いコーデに仕上げるまさに“引き立て役”。重く暗く見えがちなイメージもありますが、リネン素材のようにナチュラルな風合いのアイテムで採り入れることで涼やかな印象で着こなせます。
出典:WEAR

ゆったりとしたリラクシーなワンピースに光沢感のあるゴールド系のサテンパンツをチラリと見せたコーデは今感たっぷり。一見派手めなカラーサテンパンツもブラックを合わせることでゴージャスになりすぎず、程良いインパクトを演出できます。

甘めアイテムの“抑え役”に

レースやフリルなどの甘めアイテムの“抑え役”としてブラックを採り入れるのもオススメ。甘すぎない、程良く大人可愛い着こなしが叶います。
出典:WEAR

袖の一部がレース素材のデザイントップスも甘くなりすぎず、さり気なく可愛い着こなしに。抜け感たっぷりに柔らかな印象で着こなせるのも魅力です。今シーズントレンドのペールグリーンのスカートと合わせれば、季節感をしっかり醸す旬コーデに仕上がります。

カジュアルアイテムの“まとめ役”に

カジュアルなアイテムこそブラックをチョイスしてシックにまとめましょう。特にトレンドのサロペットは、ワンピースと同じくらいラクちんに着られる一方で幼見えしがちですが、ブラックをチョイスすれば大人感たっぷりに着こなせます。
出典:WEAR

また、ワンショルダーのようなデザイン性のあるアイテムや、肩紐が細めのアイテムを選ぶのも幼見えしにくくなるポイント。インにきちんと感のあるシャツを合わせるだけでカジュアル感が程良く抑えられ、大人っぽさも引き立ちます。
1 2
Page 1 of 2
PREV 新しいジャズが20代に人気!?ヒップホップを通過した21世紀型ジャズの動向
NEXT 即効で大人っぽいシルエット「ユニクロ」優秀パンツできちんと感コーデ

続きを読む






Feature