ライフ
2018/05/06

「100円ショップ」のダイソーが上場準備? セリアの既存店売上は失速…「100均業界」に何が起きた?

(写真=ZUU online 編集部)
(写真=ZUU online 編集部)
【身近な企業シリーズ】
コンビニコーヒーNo.1「クラフトボス」人気の秘密は3つの掛け算にアリ
なぜ、「無料クーポン」で吉野家の好業績が期待できるのか?
スーパー「オオゼキ」競合を圧倒する「正社員比率7割」の狙い
「コンビニ御三家」を徹底比較 業績、平均年収、店舗数……

1990年代初頭のバブル崩壊以来、日本経済は長らく景気停滞とデフレに悩まされてきた。いわゆる「失われた20年」である。だが、デフレといっても悪いことばかりではない。たとえば筆者にとってデフレの恩恵といえるのが、1000円で酔っ払える「1000ベロ」のお店が増えたこと、そして「100円ショップ(100均)」の普及だ。

「1000ベロ」も「100均」もバブル期にはとても考えられなかったビジネスモデルであったが、いまや両者とも筆者の生活になくてはならない存在となっている。どんなに時代が変わろうとも「1000ベロ」と「100均」は存続して欲しい。心の底からそう願わずにはいられない。

気掛かりなのは100均業界の最大手「ザ・ダイソー」を展開する大創産業が上場準備に入ったと報じられる一方で、同じく業界第2位のセリア <2782> の既存店売上高がマイナスに転じていることだ。筆者がこよなく愛する「100均業界」に何が起きているのだろうか?

「500円で30分楽しめる」レジャーランド

先に述べた通り、大創産業はザ・ダイソー(以下、ダイソー)を展開する「100均業界」の最大手だ。2017年3月期における同社の売上高は4200億円で、店舗数は国内3150店、海外1900店に達する。

ちなみに、2001年3月期の大創産業の売上は2020億円、国内店舗数は約2000店だった。つまり、この16年で売上を2倍以上、国内店舗は1000店以上も増加しているのだ。ダイソーのビジネスモデルは、まさに「デフレの勝ち組」を象徴していると言えるだろう。

ダイソーが積極的にチェーン店展開を始めたのは1991年のこと。「主婦が500円で30分楽しめるレジャーランド」というテーマでお店を演出した。おりしも当時はバブル崩壊が始まった時期、消費者の財布のヒモが固くなりがちな情勢で「安さ」は強力な武器となった。もちろん、ダイソーの魅力は安さだけではない。商品のクオリティの高さはもちろん、品揃えも年々充実する中で多くの人の支持を集めることとなった。

セリアの時価総額は高島屋を超える

現在、「100均」の大手は4社ある。2016年度の売上でみると前述の大創産業がトップで4200億円(2017年3月期)、2位のセリアが1453億円(2017年3月期)、3位のキャンドゥ <2698> が680億円(2016年11月期)、4位のワッツ <2735> が461億円(2016年8月期)となっている。大手4社の売上で約6800億円。4社ベースに占めるダイソーの市場シェアは約62%と圧倒的で、次いで同21%のセリアが追いかける情勢となっている。

とはいえ、セリアの成長も目覚しいものがある。同社の売上は決算期変更があった2001年3月期以降16期連続の増収となっている。営業利益はリーマンショック時に減益となったものの、その後は8期連続の増益だ。2000年9月期の売上204億円から2017年3月期には1453億円まで7倍に拡大しており、こちらも「デフレの勝ち組」と呼ぶにふさわしい成長ぶりだ。

「デフレの勝ち組」は株式市場でも人気銘柄となった。「100均」のセリアのほか、アパレルではしまむら <8227> 、ファーストリテイリング <9983> 、ディスカウントストアではドンキホーテホールディングス <7532> 、外食では吉野家ホールディングス <9861> などを挙げることができる。どれも一般消費者に馴染みの企業ばかりだ。

一方で「デフレの負け組」も存在する。代表的なのが百貨店だ。2017年の百貨店売上高は約5兆9500億円で市場規模としては「100均」を大きく上回っている。しかし、時価総額でみるとセリアは約4100億円で、高島屋 <8233> の約3900億円やエイチ・ツー・オー リテイリング <8242> の約2600億円を追い抜いているのだ。市場関係者の多くが百貨店の高島屋よりも「100均」のセリアを将来有望な投資先として評価していたのだろう。
1 2
Page 1 of 2
PREV 「憧れの専業主婦」の先に待っていた、思わぬリスク
NEXT 不動産投資で最も怖い「空室リスク」はこれで回避できる