増やす
2019/10/07

1万円からOK 少額からでもできる資産運用3選

(写真=kan_chana/Shutterstock.com)
(写真=kan_chana/Shutterstock.com)
資産運用は少しでも早く始め、少しでも長く行うことで、結果が違ってきます。運用を始めることで、投資習慣、金融リテラシーといった人生で大切なものを手に入れることも可能です。少額から始められる資産運用3選を紹介しましょう。

初心者が少額から資産運用を始めるべき理由

投資初心者は「投資習慣」をつけることが大切です。自分の資産状況、資金の出入りを常に把握しながら、どの資産へどれくらいの資金を投資することが効果的かを考える習慣ができれば、もう初心者は卒業です。

「投資習慣」さえ身につけば、資産形成などに必要な知識や判断力の「金融リテラシー」も自然に身につきます。この「投資習慣」「金融リテラシー」は自分の人生における大きな武器となり財産になるでしょう。だからこそ、少額でも構わないので資産運用を早く始めることが大切なのです。

また、長期の資産運用でキーとなるのは「複利効果」です。複利効果とは、投資元本にリターンが加わることで元本が膨らむため、同じリターンで毎年運用したとしても運用期間が長いほど資産総額が増加する効果です。そのため、できるだけ早く投資を始めることで、より一層の複利効果を得られます。

運用は目的と期間を決めることから始める

資産運用を始めるにあたって一番大事なのは、「運用の目的と期間」をきっちり決めることです。少額でスタートする場合でも最終目的は設定しておきましょう。

例えば、30年後に老後の「自分年金」として3,000万円貯めるといった具体的な目標を立てます。次にその目的を実現するための「運用方針」を決めます。運用期間が長く積極的に運用できるなら株式などでリスクは高いが期待収益率の高い資産を多めにする、家を買うなどある程度資金の支出計画が決まっているなら、その分は安定収益が見込める債券などの資産で運用するといった大きな方針を決めるのです。運用方針は、結婚、出産などのライフステージでも変わってくるので常に見直していくことが大切です。
1 2
Page 1 of 2
PREV 不動産投資のメリットやデメリットは?初心者でもできる?
NEXT ズバリ、コストパフォーマンスの高い投資対象はどれ?

続きを読む

Feature