増やす
2019/09/25

注目の海外不動産投資。国内物件にない3つのリスクとは

海外不動産投資のリスク(3)管理会社や入居者の質の違い

日本での不動産投資が人気の理由としては、オーナーの手間がかからないことがあげられます。これは入居者とのトラブルや修繕などを管理会社が対応してくれるからです。しかし海外で何から何までフォローしてくれる管理会社を見つけることは極めて困難です。

また、入居者の質の違いもあります。日本人は部屋をキレイに使い、近隣に迷惑をかけないといった考え方を持った入居者が多く、滞納が発生しても管理会社が督促し、滞納をカバーする仕組みも整備されていますが、海外ではこのようにはいかないこともあります。

海外不動産は綿密な現地調査をしてから購入を

リスクを回避して海外不動産投資を成功させるには「現地を見ること」「不動産会社と顔を合わせること」といったことが重要です。

国内の不動産投資なら物件概要をチェックして現物を見ずに購入するケースもありますが、海外不動産でそのような行為は極めてリスクが高いため、必ず現地を訪れたうえで、しっかり確認してから購入を検討すべきでしょう。

提供・ANA Financial Journal

【こちらの記事もおすすめ】
1万円から始められる投資って?
リスク許容度がわかる10のチェックリスト
「おつり投資」「ポイント投資」って?
楽ちん「投信つみたて」とは?
投資のはじめの第一歩
1 2
Page 2 of 2
PREV つみたてNISAで投資初心者におすすめの証券会社はどこ?5社を徹底比較
NEXT 東南アジアの不動産はどの国に投資したらいい?

続きを読む

Feature