増やす
2019/08/24

「余裕ある1,000万円をどうしよう……」やってはいけない3ヵ条

バランスよく資産運用するのがベスト!

それでは資産運用はどのようにしておこなうのがいいでしょうか。例えば、【1】現金・預貯金等、【2】株主優待や配当狙いの銘柄、【3】成長性がある企業の銘柄など、3割ずつ分けて資産運用をするというのはひとつの方法です。景気が悪くなり、株価が下落しても「現金」という減らない資産があればゼロになる事態を回避できます。また景気が良くなれば株価があがるので、成長株を保有していれば資産の増加が狙えます。

さらに株主優待銘柄は中長期的に株主になってほしいと上場会社が株主に対してさまざまな優待施策を施して還元している銘柄ですから、長く保有する人も多いです。たまに企業から優待を受け取るのも楽しみとして、上場会社を応援するのも勉強になります。

まとまった余裕資金で資産運用をする時には、一極集中型の投資を行わず、バランスよくリスク分散するのが成功の秘訣といえるでしょう。ここでお伝えした「やってはいけない3ヵ条」をもとに、資産運用を始めてみませんか?

提供・ANA Financial Journal

【こちらの記事もおすすめ】
1万円から始められる投資って?
リスク許容度がわかる10のチェックリスト
「おつり投資」「ポイント投資」って?
楽ちん「投信つみたて」とは?
投資のはじめの第一歩
1 2
Page 2 of 2
PREV 長期投資の狙い目?15年以上連続増配している企業3選
NEXT 貯金だけで大丈夫?独身者こそ「資産運用」で将来を考える

続きを読む

Feature