増やす
2019/08/23

貯金だけで大丈夫?独身者こそ「資産運用」で将来を考える

(写真=kenchiro168/Shutterstock.com)
(写真=kenchiro168/Shutterstock.com)
毎月定期的に預貯金をしても、低金利の現代では思うように資産が増えないと感じていませんか?独身者の場合、世帯年収を大幅に増やせないため、貯蓄もしにくいと感じるかもしれません。

そこで、資産を作る方法として、投資を検討してみてはいかがでしょうか。この記事では、独身者にこそ投資を考えてほしい理由や、具体的な投資の方法についてご紹介します。

独身だからこそ投資をおすすめしたい理由

今は養う家族もいないし、低金利であっても銀行預金や郵便貯金で構わない。独身ならばそう思うかもしれません。しかし独身の今だからこそ、投資や運用をおすすめしたい理由があります。

将来のライフイベントに備えての資産作り

将来もし結婚すれば、その後の子どもの誕生やマイホーム購入など、ライフイベントごとにまとまった出費が確実に必要です。それ以前に投資で資産を作ることができれば、預貯金を大幅に目減りさせることなく乗り切れるでしょう。そして大きなライフイベントが少ない独身の時期は、投資で資産を増やす絶好のチャンスなのです。

ある程度リスクを取ることができる

元本が保証されている預貯金とは違い、投資は資産を増やしやすいものの、元本保証でない商品も多くあります。しかし独身であれば、扶養する家族がいない分、投資へのリスクもある程度許容できるともいえるでしょう。

独身者は長期目線で投資を始めよう!

扶養家族のいない独身の時期は、投資を始める絶好のチャンスです。ただし、初めからリスクが高すぎるもの、頻繁に売り買いをして利益を取るような金融商品は避けた方がよいでしょう。そこでおすすめしたいのが、毎月決まった金額を投資していく長期投資です。
1 2
Page 1 of 2
PREV 「余裕ある1,000万円をどうしよう……」やってはいけない3ヵ条
NEXT 富裕層の資産運用マインド「資産は減らさず、利益から使う」

続きを読む

Feature