増やす
2019/08/07

マンション経営で活用したい「団体信用生命保険」とは

団体信用生命保険の特長

上述のように団体信用生命保険の最大のメリットは、被保険者に万一の事態が生じたとしても、その家族は経済的な負担を回避してマンション経営を行っていくことができる点にあります。また団体信用生命保険の中には、がんや心筋梗塞、脳卒中などの三大疾病の他、各種生活習慣病などの疾病に対応しているものも出ているため、活用の幅を広げることもできます。

家計の見直しにも大きな効果が

団体信用生命保険には一般的な生命保険と重複している内容も少なくありません。このため、一般的な生命保険の代わりとして利用することもできるでしょう。総合的に勘案すると効率的で実用性に富んだ保険であると言えます。

団体信用生命保険には上記のようなメリットがあるため、これから不動産投資をしてみたいと思っている人は、同時に生命保険を含めた家計の見直しを行ってみると、さらなる飛躍の機会を生み出すことにつながっていくかもしれません。

提供・Dear Reicious Online

【こちらの記事もおすすめ】
1万円から始められる投資って?
リスク許容度がわかる10のチェックリスト
「おつり投資」「ポイント投資」って?
楽ちん「投信つみたて」とは?
投資のはじめの第一歩
1 2
Page 2 of 2
PREV 不動産投資は他の投資とは何が違うの?
NEXT 日本の投資家はいつまで販売手数料を払い続けるの?米・豪・蘭は無料

続きを読む

Feature