増やす
2019/07/01

ドコモのポイントで投資デビュー!dポイント投資の仕組みとやり方を解説

(写真=stock_shot/Shutterstock.com)
(写真=stock_shot/Shutterstock.com)
みなさんはdポイントを集めていますか?dポイントはNTTドコモが提供しているポイントサービスですが、最近このdポイントを使って気軽に投資ができるようになっています。この記事ではdポイントの投資について、その概要やメリットなどをお伝えします。

ドコモのポイント“dポイント”ってどんなもの?

(写真=Myvisuals/Shutterstock.com)

dポイントはNTTドコモが提供しているポイントサービスです。1dポイント=1円で使えるポイントで、ドコモ通信料金の支払いのほか、街での買い物やサービスの利用に使えます。

ポイントサービスを提供している会社はそれぞれ魅力的なキャンペーンを提供していますが、dポイントは通信最大手のNTTドコモが提供するポイントなだけあって豊富にキャンペーンが用意されています。ポイントバック率が上昇するものや、時には購入金額の全額分のポイントがバックされるキャンペーンも。一度チェックしてみてください。

なお、dポイントはドコモと契約していなくても利用ができます。インターネット上でdアカウントを作成し、ポイントカードをもらうかアプリを利用して始めましょう。

ドコモのポイント投資ってどういうこと?

(写真=Phonix_a Pk.sarote/Shutterstock.com)

dポイントの投資とは、貯めたdポイントをそのまま投資に回すサービスです。通常の投資のように現金を入金するのではなく、ポイントの残高が変動するようになります。

dポイント投資はリスクの大小で選ぶコースと、投資対象のテーマで選ぶコースがあり、シンプルな設計となっています。どちらも「お金のデザイン」社が提供する自動運用サービス「THEO」(テオ)の運用に連動されるので、おまかせ投資といえど、充実したサービスを受けることができるでしょう。

リスクの大小で選ぶコースには、アクティブとバランスの2つがあり、アクティブコースは、高い値上がりを狙う比較的リスクの高いコースで、バランスコースは安定したリターンを目指す比較的リスクの低いコースです。積極的に運用したい方はアクティブコースを、そうでない方はバランスコースを選択してみてください。

テーマで選ぶコースは投資対象によって5つ用意され、身近なトピックや話題のテーマを選んで投資をすることができます。
 

ドコモのポイント投資のメリット

(写真=Narith Thongphasuk/Shutterstock.com)

手数料が無料

通常、投資には金融商品を売買する際の手数料のほか、保有する際の管理手数料などが必要ですが、dポイント投資はこれらの手数料が掛かりません。そのため、自由に売買ができますし、長期の運用にもメリットがあります。

ポイントの期限が延びる

通常dポイントの有効期限は取得から48ヵ月です。ポイントの有効期間としてはかなり長い期間が取られていますが、うっかり有効期限切れをしてしまうと本当にショックですよね。

dポイントを投資に回し、そのポイントを通常のポイントに戻すと新たに取得したことになり、そこから48ヵ月の有効期限が設けられます。ポイント投資を上手に使うと有効期限で悩むことは少なくなりそうですね。

ドコモのポイント投資の始め方

(写真=IgorGolovniov/Shutterstock.com)

dアカウントを作成

まずは、dアカウントを作成しましょう。メールアドレスや名前を登録し設定します。

スマホであれば「dアカウント設定アプリ」が便利です。生体認証ができる機種なら、その後対応サービスへのログインが自動的に行える「スマホ認証」が利用できます。

ポイント投資サイトでコースを選択

dアカウントが設定できれば、dポイントが貯まるまで待ちましょう。dポイントが貯まり、運用に回そうと思ったらdポイント投資画面に進んでください。

dアカウントでログインし、運用コースを選択します。コースは後から変更も可能です。

dポイントを「運用ポイント」に交換

運用コースを選択したら、投資に回すポイント数を決めましょう。保有するdポイントのうち、投資に回したいポイントを「運用ポイント」に交換します。ポイントは100ポイント単位で選択可能です。運用ポイントに交換するポイント数を決めると発注されます。毎営業日17時頃にポイントの残高が変動します。

dポイント投資画面で運用ポイント残高がどうなっているか確認できますので、ポイント投資を始めたら日々チェックしておきましょう。

なお、dポイント投資はいつでも解約でき、運用ポイントからdポイントへの交換は1ポイントからOKです。

dポイント投資の2つの注意点

(写真=aslysun/Shutterstock.com)

期間用途限定ポイントは利用できない

dポイントには、通常のdポイントと期間用途限定ポイントの2種類があります。dポイント投資の場合は期間用途限定ポイントの利用ができませんのでご注意ください。

ポイントが減るリスクがある

dポイント投資を始めても絶対に利益が出るという保証はありません。日々の世界株式市場や金利の動向により値段は日々変動しますので、その値動きのリスクについてはしっかりと把握したうえで活用するようにしましょう。

dポイント投資に向いている人

ドコモ契約で、dゴールドカードを持っている方

スマホ等をドコモと契約している方はdポイントが自動的に貯まっていきますが、特にdゴールドカード(クレジットカード)を契約していると大きく貯まるのが特徴です。

スマホなどをドコモと契約し、かつdゴールドカードを契約しているとドコモ利用料金の10%相当のdポイントが貯まっていきます。スマホ利用料金が月額1万円なら年間1万2,000ポイントが自動的に貯まるのです。

また、お買い物やサービスの決済もdゴールドカードを利用すれば、さらにdポイントを貯めることが可能です。日常生活でもdゴールドカードを積極的に利用することで、たくさんのdポイントが貯まるため投資にも回しやすいでしょう。

投資に興味があり、お試しでやってみたい方

dポイント投資は現金を使わないポイントでの投資運用ですから、投資初心者でもお試しとして気軽に体験できることは魅力的ですね。手数料も掛かりませんし、運用コースもシンプルな設計となっています。

実際の投資に興味があるけど、いきなりお金を使うのはちょっと……という方には投資の練習としておすすめできるサービスです。

ポイント投資で気軽に投資家デビュー!

NTTドコモはdポイント投資のことを「投資体験ができる新しいサービス」と銘打っています。手数料無料でポイントがあれば開始できる気軽さや、最新の運用手法が利用できるため、投資を考えている方には魅力的なサービスです。

ドコモ利用者でなくてもdポイントは利用できるので、dポイントを持っている方、まだdポイントを持っていない方もぜひ一度ポイント投資を検討してみましょう。

文・若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
dポイントの賢い貯め方3選
ポイントでお得なホテル4選
ポイントを貯めやすいジャンルとは?
ポイント投資でカンタン資産運用
みるみるポイントが貯まる4つの方法

※当サイトの情報の内容に関しては万全を期していますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。
PREV 銀行員の表と裏。銀行が積立投資を勧める本当の理由とは
NEXT 「クオカード」をもらえる株主優待16選 投資の際の注意点とは?

続きを読む