増やす
2019/03/22

投資の神様バフェットが師匠から教わった6つのこと

(写真=Romolo Tavani/Shutterstock.com)
(写真=Romolo Tavani/Shutterstock.com)
年初から4ヶ月、例年にも増してマーケットが変動した。投資家の中には苦しんだ方も多いことだろう。ここでは、そんな方のために、投資の神様で有名なウォーレン・バフェット氏の師匠にスポットを当てて「堅実な投資原則」をお伝えしたい。

バフェットが師匠と仰ぐグレアム

バフェットをして「師をはるかに超越した存在」と称した経済学者で投資家のベンジャミン・グレアム。「バリュー投資(割安株投資)の父」と言われるグレアムに学ばなければ、「投資の神様」も「バリュー投資」もここまで脚光を浴びることはなかっただろう。バフェットは、グレアムの投資原則を引き継いだ一番弟子だ。バフェットは自分の次男に「ハワード・グレアム・バフェット」という名前をつけている。いかにグレアムを尊敬していたかがわかるだろう。

グレアムはその優れた理論とともに、実際の運用パフォーマンスも長期間に渡って米国株の指数をアウトパフォームしていたため、信奉者は増えていった。当時はまだバリュー投資という言葉はなかったが、グレアムの哲学が、ウォーレン・バフェット、チャールズ・マンガー、ウォルター・シュロス、カーン・ブラザーズといったそうそうたるバリュー投資家に引き継がれ、バリュー投資の父と言われるようになったのだ。

グレアムの名著「賢明なる投資家」

グレアムが1949年に上梓した「賢明なる投資家」は、半世紀以上たった今でも、ファンドマネージャーを志す人に読み継がれているバイブルである。「賢明なる投資家」という邦訳も優れているが、原題の「The Intelligent Investor(インテリジェント・インベスター)」というタイトルは歴史に残るコピーだろう。グレアムは没後40年経つため投資のプロ以外では知名度は高いとは言えないが、バフェットの教えの源流に触れることで、バフェット流投資術の理解がさらに深まるに違いない。バフェットは同著に対し、「歴史的に見ても最高の書籍」と最大の賛辞を贈っている。

グレアムの「堅実な投資原則」

「賢明なる投資家」では証券分析などの方法論より、投資原理や投資家のとるべき態度といった賢明なる投資家になるための哲学をメインに伝えている。グレアムは「証券分析」という名著も残しているが、個人投資家にとっては、ファンダメンタルズ分析、分散投資、長期投資、割安株投資について語った「賢明なる投資家」が投資活動の参考になるだろう。投資原則のエッセンスを紹介しよう。

「堅実な投資原則」

1.投資とは詳細な分析に基づいて行うものであり、元本を保全して、適切なリターンを上げること。この条件を満たさないものは投機だ。

2.将来のことは分からないのだから、投資家は手元資金をすべてひとつのバスケットに入れてはならない。その安全で堅実な範囲を超えて冒険に挑んだ人々は、精神的に大きな困難を背負うことになる。

3.投資家と投機家の相違は、その人が相場変動に対して、どのような態度で臨むのかという点である。投機家の関心事は、株価の変動を予測して利益を得ることであり、投資家の関心事は、適切な証券を適切な価格で取得し保有することである。

4.安全域の原則を確固として守ることによって、十分なリターンを得ることが可能である。安全域の原則は、割安銘柄に適応することでさらに明白なものとなる。割安銘柄は株価がその株式の本質的価値よりも安い状態にあるわけであり、その差が安全域である。
1 2
Page 1 of 2
PREV 未上場株を扱うプライベート・エクイティ・ファンドが人気の理由
NEXT 投資初心者が成功するために必要な「情報収集のコツ」

続きを読む