増やす
2019/01/26

楽天銀行のマネーブリッジは登録だけで金利が5倍に!注意点はある?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
預貯金だけではなかなかお金が増えていかない昨今、株や投資信託などの資産運用に興味を持ち、インターネット証券などに新たに口座を開設する人が徐々に増えてきているようです。しかし、口座を開設してみたものの、入出金や商品選びが面倒になり、そのまま放置している人も多いのではないでしょうか。

今回は証券口座に簡単に入出金ができ、登録するだけで得する楽天銀行の「マネーブリッジ」というサービスをご紹介します。

楽天銀行のマネーブリッジとは

(写真=PIXTA)

ブリッジとは「橋」という意味ですが、マネーブリッジとは、銀行口座である楽天銀行の口座と証券口座である楽天証券の口座を連携させることで、入出金手続きが自動化できたり、優遇金利が適用されたりとさまざまな特典が受けられるサービスのことです。

楽天銀行しか利用していない人は新たに楽天証券の口座を開設する必要がありますが、実際に楽天証券で投資を行わないとしても、楽天銀行の利用者にメリットがあるサービスとなっています。

マネーブリッジのメリット3つ

(写真=PIXTA)

普通預金の金利が5倍になる

マネーブリッジの最大のメリットは、申し込むだけで楽天銀行の普通預金に優遇金利が適用されることです。2019年1月現在、楽天銀行の普通預金の金利は0.02%(税引後0.015%)ですが、マネーブリッジを申し込むだけでこの金利が0.1%(税引後0.079%)になります。

ちなみに、大手銀行の普通預金の金利は、同じく2019年1月時点で一部ネット銀行以外ほぼ0.001%ですので、比べると100倍の差があることがわかります。

楽天証券とのお金の移動が簡単に

株や投資信託を買いたかったけど証券口座の残金が少なく、入金されるまで待っていたらタイミングを逃してしまった。逆に、持っている金融商品を早く売って現金が欲しいけれど出金に時間がかかって困ったという経験はないでしょうか。

銀行口座から証券口座へ入金する場合、一般的には、銀行口座へログインして残高確認の上、証券口座へ振込をし、入金を確認できてから株式や投資信託を買うという流れになります。しかし、マネーブリッジを利用すると、銀行にログインする必要がなく、楽天証券の口座で買い付けを行う時に自動で楽天銀行から入金されます。

また、買い付けした後余ったお金は、毎日夜間に楽天銀行へ自動出金されます。つまり、株式や投資信託を買わなかったお金は自動的に楽天銀行に移され、上記の優遇金利を受けることができます。

楽天スーパーポイントがもらえる

楽天証券で取引をすると、楽天銀行のハッピープログラムという優遇プログラムを通じて、楽天スーパーポイントやレベルがもらえます。

せっかく預金の利息がついても、ATM手数料などがかかるとありがたみが半減してしまいますが、ハッピープログラムの会員ステージが上がるとATM手数料や振込手数料が無料になる回数が増えるなどの特典があります。

また、たまった楽天スーパーポイントも楽天市場や楽天トラベルなどのサイトで利用することができます。
1 2
Page 1 of 2
PREV 初心者が「新興銘柄」に投資するときの注意点
NEXT デキる女性の投資の失敗談。私だけは失敗しない!と思っていたら……

続きを読む