増やす
2019/01/11

「テーマ型ファンド」に注意?銀行員も販売したくない投資信託とは

(写真=NATNN/Shutterstock.com)
(写真=NATNN/Shutterstock.com)
世の中には星の数ほどの投資信託があふれている。2016年10月末の時点で公募投資信託だけで6117本もあるが、その中身は千差万別だ。

銀行の金融商品販売に携わる私は、これまで数多くの投資信託を販売してきたが、これまでの経験の中で「この投資信託だけは販売したくない」と思うものがある。その一つが、テーマ型と呼ばれるタイプの投資信託「テーマ型ファンド」だ。しかし、そんな投資信託に限って購入を希望されるお客様が意外と多い。

「テーマ型ファンド」とは、文字通り特定のテーマに関連した企業の株式を投資対象としたものだ。過去にはITやバイオ、そして最近ではロボットやAIなどがある。実は私自身「これは良い」と思って積極的に販売した過去がある。そんな私が恥を忍んで告白する。テーマ型ファンドの末路は実に悲惨である。

テーマ型ファンドが「割高」でも売れる理由

「う~ん、良い投資信託だとは思うけれど、こんなに基準価額が高いと買う気にはならないな。もう少し、安くなれば考えるよ」

日本の投資家は逆張りを好む。株価が上昇しているような局面では積極的な売買は手控え、株価が大きく下落したところで買いを入れる。そんな投資スタイルを貫いている。投資信託においてもそれは同じだ。多くの投資家は基準価額の高い投資信託を敬遠する。

ところが、例外がある。それがテーマ型ファンドである。最近では「ロボット」や「AI」と名の付く投資信託が売れている。なるほど、メディアはこぞって、こうした旬なテーマを連日のように取り上げている。テーマ型ファンドは、銀行員がセールスしなくとも、お客様のほうから購入の申し出があるほど人気が高い。株式を投資対象とした投資信託は「高くて買えない」と切り捨てるお客様でも、テーマ型ファンドに限っては割高にもかかわらず喜んで購入する。それはなぜだろうか?

先日、高齢者のお客様とこんなやりとりがあった。

「ロボット、人気みたいだね。証券会社が買え買えってうるさいんだよ。どうせ買うなら、いつもお世話になってる貴方から買おうと思ってさ」ありがたい話ではあるが、どうにも私は素直にこの話に乗れない。

「それにしても、なぜこんなタイミングでロボットなんですか? 逆張り志向でいつも割安なタイミングで投資されるのに?」

「この投資信託は運用も順調で分配金を出しているし、基準価額も下がっているから、いまが買い時だと思ったんだよ」

なるほど、確かにこのテーマ型ファンドの基準価額は下がっている。割安だと「錯覚」されるのも無理はない。

「ええ、確かに基準価額は下がっていますね。では、この投資信託の主要な組入銘柄の株価チャートを見てみましょうか。キーエンス、安川電機、日本電産……どうですか? 割安ですか?」実はこれらの銘柄はいずれも上場来高値や過去数年来の高値を付けていた銘柄ばかりなのだ。

「なんだって?」お客様は目を丸くして言った。「こんな高値圏の株なんて買えるわけないじゃないか! ありがとう。騙されるところだったよ」

決して騙すつもりではないのだろうが、テーマ型ファンドには実に「巧妙なワナ」が仕掛けられているのも事実だ。つまり、高値圏の銘柄に投資しながらも、それを感じさせないというワナだ。それが、分配金だ。分配金を出すことで基準価額は下がる。個別株の値動きまでチェックしていないお客様は、まんまと「割安」と誤解してしまうのである。
1 2
Page 1 of 2
PREV 3月の株主優待「2ヶ月前」から狙った方が良いワケ
NEXT 初心者でもわかる!おトクな株主優待を見つける方法

続きを読む