増やす
2018/11/04

旅行だけじゃなかった。H.I.S系列の「HS証券」の特徴とは?

(画像=エイチ・エス証券Webサイトより)
(画像=エイチ・エス証券Webサイトより)
証券会社選びのポイントは手数料の安さや取り扱い商品の種類など投資家によってさまざまだが、その一つとなるのがIPOだろう。IPOの取り扱い件数や当選確率は、IPOに関心のある投資家には重要な判断材料だ。HS証券(エイチ・エス証券)はIPOに独自のポイント制度を導入しており、当選確率が上がる仕組みを持っている。

HS証券とは

HS証券は1956年に設立された協立証券株式会社が起源。旅行代理店業を営むH.I.S(エイチ・アイ・エス)が買収し、1999年4月にエイチ・アイ・エス協立証券株式会社に商号を変更、2001年4月にHS証券に商号変更された。

その後、HS証券株式会社は独自の金融コングロマリット構想により、2007年、澤田ホールディングスを設立。証券事業は現在のHS証券株式会社に継承されている。澤田ホールディングスの傘下には、他にもモンゴルのハーン銀行やキルギスのキリギスコメルツ銀行がある。現在のHS証券の資本金は30億円、従業員数は171名だ。

HS証券の2018年3月末時点での預かり資産は4,138億900万円。前年の同期と比べると646億8700万円増だ。2017年度の営業収益は41億6100万円、営業利益は6億9400万円、純利益は7億400万円。前年度よりも収益、利益、純利益ともに上昇しており、好調な経営状態といえる。

HS証券ならではのIPOポイント制度とは

HS証券の大きな特徴となるのが、独自のIPOポイント制度だ。そもそもIPOとは、新規公開株ともいい、未上場企業が新しく株式を証券取引所に上場し、広く投資家に株式を取得させることを指す。売り出し価格よりも株価が上昇する傾向があり、人気となっている。

しかし、ほとんどの場合売り出される株の数量よりも購入希望者の方が多くなり、個人投資家がIPOを購入するにはブックビルディング期間中に購入希望を証券会社に申込んだあと、抽選で当選する必要がある。IPOの抽選方法は証券会社によってさまざまだ。一人一口で申し込み、機械的に抽選を行う場合もあれば、投資額に応じて当選確率が変わる場合もある。

HS証券のIPOでは、独自のポイント制が導入されており、ポイントによって当選確率が変化するのが特徴だ。HS証券でインターネット取引口座を持っていると、ポイントを貯めることができる。

IPOポイントは、取引や信用建株の残高に応じて貯めることが可能。例えば、国内株式と先物・オプションの取引手数料の月合計金額1,000円ごとに100ポイント付与される。また、毎週、最終営業日の建株金額を集計し、買建株金額合計から売建株金額合計を差し引いた建株金額100万円ごとに10ポイント付与される。そのほか、キャンペーンやイベントに参加する、アンケートに協力するなどでIPOポイントを貯めることもできる。
1 2 3
Page 1 of 3
PREV イーサリアムはどうなる?仮想通貨の将来性を見極めるポイント
NEXT 40代からのアパート経営。「サブリース」ってなに?契約の注意点は?

続きを読む