増やす
2020/10/15

『ANA Financial Journal』より

創業100年、200年の長寿企業、企業数1位の国はなんと日本

(写真=oka/stock.adobe.com)
(写真=oka/stock.adobe.com)
日本人は長寿命だと言われています。実際に平均寿命を世界各国と比べると、男性の平均寿命は香港(82.17歳)、スイス(81.4歳)に続いて81.25歳と3位で、女性は香港(87.56歳)に続いて87.32歳の2位という結果でした(厚生労働省「簡易生命表」より)。では企業の寿命は世界各国と比べてどうなのでしょうか?

創業年数100年以上、200年以上の企業数ランキングで1位日本、2位米国の結果に

日経BPコンサルティングのビジネス情報サイト「周年事業ラボ」が、創業年数が100年以上と200年以上の企業数を国別に調査しています。これによると世界で創業100年以上、200年以上の企業数がもっとも多いのが日本という結果でした。

以下掲載するランキングにおいて、各国の比率は、世界全体の創業年数100年以上または200年以上の企業数に占める割合を示していますが、1位から5位までの国の比率を合計すると100年以上では91.7%、200年以上では92.4%にもなり、長生き企業のほぼすべてを日本、米国、欧州が占めています。

・創業年数100年以上の企業数と比率
1位:日本 企業数3万3,076 比率41.3%
2位:米国 企業数1万9,497 比率24.4%
3位:スウェーデン 企業数1万3,997 比率17.5%
4位:ドイツ 企業数4,947 比率6.2%
5位:英国 企業数1,861 比率2.3%

・創業年数200年以上の企業数と比率
1位:日本 企業数1,340 比率65.0%
2位:米国 企業数239 比率11.6%
3位:ドイツ 企業数201 比率9.8%
4位:英国 企業数83 比率4.0%
5位:ロシア 企業数41 比率2.0%
1 2
Page 1 of 2
PREV 【米国株動向】ウォーレン・バフェットがチポトレ株を選好する理由
NEXT 20代の100万円と60代の1,000万円、価値があるのはどっち?

続きを読む






Feature