増やす
2020/08/18

この株に注目!任天堂ふたつのアップサイド

(画像=Getty Images)
(画像=Getty Images)

個人投資家の間では、大きなリターンを期待できる中小型株投資が人気ですが、大型株でも高いリターンを期待できるものもあります。

その観点から、任天堂(OTC:NTDOY)を取り上げ、二つのアップサイドについて言及します。

スイッチが発売される数か月前の2017年1月に任天堂株を買っておけば、株価は約2倍になっていたことでしょう。

株価が上がった分、PER29倍とバリュエーションも切りあがっていますが、伸びしろはなお大きいといえます。

その理由はまず、大きな利益率改善が期待できることにあります。

ゲームソフトのデジタル販売やサブスク販売へのシフトにより、粗利を大きく改善させる余地があるからです。

任天堂のデジタル配信コンテンツは売上のわずか36%に過ぎません。

Electronic Arts、Activision Blizzard、Take-Two Interactiveといった競合大手では、デジタル配信コンテンツが売上高の4分の3を占めており、任天堂はその比率を引き上げることで、粗利を大きく改善することが期待できます。

もう一つのアップサイドは、中国でのスイッチ販売が想定以上に伸びることにあります。

スマホゲームが中心の中国では、据え置き型のスイッチの販売はあまり期待されていません。

しかし、任天堂には、スイッチでしかプレイできない独占的なゲームコンテンツがあり、テンセントがそのことをうまくアピールし、10億人以上のユーザーをうまく送客できれば想定以上にスイッチが売れる可能性があります。

デジタル配信コンテンツの伸長、そして中国事業の想定外の立ち上がりに、一部のアナリストは期待しているようです。

提供・ANA Financial Journal


【こちらの記事もおすすめ】
1万円から始められる投資って?
リスク許容度がわかる10のチェックリスト
「おつり投資」「ポイント投資」って?
楽ちん「投信つみたて」とは?
投資のはじめの第一歩
PREV 女性がやっている”投資”ランキング!3位投資信託、2位NISA、1位は?
NEXT 投資をするなら知っておきたい!注目すべき二つのメガトレンド

続きを読む






Feature